• TOP
  • ヘルスケア
  • 「雨が降ると憂鬱…」雨天時の不調改善に役立つテク

「雨が降ると憂鬱…」雨天時の不調改善に役立つテク(2018.06.11)

梅雨うつ01

ウェザーニューズの調査によれば、雨の日は気分や体調がすぐれないという男性は半数にものぼるそうで、この時期を憂鬱に感じている人も多いかと思う。

雨の日の不調の原因は、実際は低気圧によるもの。

気圧が下がると、血管やリンパ管が膨張し、頭痛、だるさ、耳鳴りといった様々な変調をきたす。

さらに耳の奥にある内耳が低気圧を感知すると、副交感神経が優位になる。

日中は活動のため交感神経が優位になるが、低気圧で副交感神経も同時に働いてしまうと、一時的に自律神経失調症のような状態になってしまう。

「じゃあ、雨の日は寝ているか」ともいかない。実は、日本は1年の三分の一が雨・雪の日だそうで、いちいち休んでいてはキリがない。

そこで今回は、ストレス・脳疲労の専門家による新刊『あなたの人生を変える雨の日の過ごし方』(美野田啓二/文響社)から、雨天時の不調を改善する、即効性のあるメソッドを幾つか紹介したい。

梅雨うつ02
『あなたの人生を変える雨の日の過ごし方』

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます