都道府県別「快便」&「難便」ランキング(2015.08.13)

グリコ乳業株式会社は、全国の20歳以上の男女計4700人(各都道府県男女均等割り付け)を対象とした「生活スタイルと便秘」に関する意識調査を実施。調査の結果、“溜めてる”便秘ワースト3は「富山県」「京都府」「徳島県」、“快便”トップ3は「埼玉県」「福島県」「岐阜県」となり、“スッキリ女子”No1は「茨城県」、“快便男子”都道府県No1は「山形県」という結果になった。

■都道府県別 “快便”ランキング

DM-002  DM-003

『あなたは便秘ですか?』という質問に対し「便秘だと思う」または「どちらかと言えば便秘だと思う」と回答した“難便“ワースト1位は「富山県」と「京都府」で共に40%、次いで3位は「徳島県」39%、4位は「石川県」37%、5位は「福井県」と「熊本県」で共に36%だった。一方、便秘傾向の低い“快腸”1位は「埼玉県」で21%、2位は「福島県」と「岐阜県」で共に23%、4位は「静岡県」24%、5位は「愛知県」と「奈良県」で共に25%という結果に。

男女別では、女性の40.3%が便秘傾向と回答し、男性の19.7%を大きく上回る結果に。女性の“難便“ワースト1位は「富山県」「徳島県」で共に56%、次いで3位は「和歌山県」52%、4位「岡山県」50%、5位「石川県」48%と、約2人に1人の女性が便秘傾向とわかった。一方で、便秘の少ない“スッキリ女子”県は「茨城県」。24%と最も少なく、ワースト1位と比べると約半分の数値に。2位は「愛知県」「三重県」「広島県」で30%と“快便“県と“難便“県に大きな差が出た。男性では“難便“ワースト1位が「茨城県」と「三重県」で30%、「山形県」は10%と最も低く、便秘の少ない“快腸男児”な県1位となった。

また、実際の排便ペースを聞いたところ、「3日に1回」よりも少ない回答が多かったのは「富山県」「大阪府」「岡山県」「沖縄県」で19人(100人中)でした。最大日数では「30日に1回」という回答もあり、便秘が深刻な問題となっている人も多い様子がわかった。

■都道府県別 “健便”ランキング

DM-004

『便のニオイ』について聞いてみると、全体の71.5%の人が“臭う”と回答(「悪臭8.2%」「どちらかと言えば臭う63.3%」)。都道府県別では、「北海道」と「長崎県」が最も“臭う”人が多く80%と高い数字。次いで、「茨城県」「京都府」「和歌山県」「鳥取県」「佐賀県」が僅差で3位(共に79%)に。逆に最も“臭わない”と回答したのは「長野県」で45%、(「どちらかと言えば臭わない43%」「ほとんど臭いはない2%」)、次いで「香川県」41%、「岐阜県」39%と臭い県と臭くない県で大きな差がつく結果になった。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます