• TOP
  • ファッション
  • 深海や宇宙探検から発想を得たReebok × Chromatのコラボモデル

深海や宇宙探検から発想を得たReebok × Chromatのコラボモデル(2020.05.22)

ReebokChromatZig Kinetica

深海や宇宙探検からインスピレーションを受けたカラーリングを採用

リーボックは、ニューヨークファッションウィーク2020年春夏コレクションにて発表したコラボレーションモデル「Reebok ×  Chromat Zig Kinetica(リーボック × クロマット ジグ キネティカ)」を2020年5月22日(金)に発売する。

今回のコラボレーションでは、2019年11月にローンチしたモデル「ZIG KINETICA(ジグ キネティカ)」をベースに採用。

今作のデザインは、深海や宇宙探検からインスピレーションを受けた大胆なカラーリングを採用し、機能性だけでなく視覚的にも魅力的なアッパーを開発した。

ReebokChromatZig Kinetica

人類進化によって生み出された世界を疑似体験

「ZIG」が持つ3つのエナジーシステムと鮮やかなアッパーを合わせることで、立体感のある特徴的なシルエットに仕上げている。

人体の構造やテクノロジーに注目した独創的なスイムウェアやドレスで知られるスイムウェア&ボディウェアブランド、クロマットは、今回のコラボレーションに際し、ジェンダー、信念、人類進化によって生み出された世界を疑似体験できるようなデザインの開発を目指した。

そこで、ニューヨークを拠点に活躍するポーランド人デザイナーCGIアーティストデュオ『Pussykrew』を起用し、彼らとのコラボレーションによりこのモデルを制作したと説明している。

Chromatについて

2010年にBecca McCharen-Tran(ベッカ・マッカーレン)により設立されたスイムウェア&ボディウェアブランドだ。

クロマットは、建築、ファッション、テクノロジーの交わりを探求し、ボディコンシャスで革新的なデザインと、最先端のテクニカルファブリックを使用したウェアを開発。

現在は、アーティストや科学者、振付師など多様な領域から形成されるチームのクリエイターによってニューヨーク、マイアミで共同制作デザインされている。

ZIG KINETICAについて

リーボックは、これまでも空気でフィット感を調整する「インスタポンプフューリー」を始め、独自の斬新なテクノロジーを搭載したシューズを発表してきた。

2009年にランニングシューズとして登場した初代「ZIG」は、アウトソールのジグザグ形状が高い推進力を生み出すことから、 “ドーピングシューズ(=反則)”と呼ばれ、あるマラソン大会では着用が禁止になるほど、高いパフォーマンス力を誇ったシューズである。

「ZIG KINETICA」は、その「ZIG」をベースに、高い機能性とファッション性を兼ね備えたアップデートモデルとして2019年11月にローンチされた。

「ZIG KINETICA」の特徴である高い反発力と推進性は、独自の“ZIG エナジーシステム”に由来しており、フロートライドフューエル(高反発フォーム剤)、エナジーシェル、エナジーバンドアウトソールをあわせた3層構造により、前に進む推進力のエネルギーロスを抑えることで実現している。

また、ジグザグになっているアウトソールは高いクッション性を備えているだけでなく、13度に開くことで、さらに前に進む推進力を増幅させることができる画期的な意匠だ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます