• TOP
  • 新商品・イベント
  • デートの参考に!ミレニアル世代の女性が好きなお酒はチューハイ、ビール、カクテル

デートの参考に!ミレニアル世代の女性が好きなお酒はチューハイ、ビール、カクテル(2020.05.26)

お酒にまつわる思い出とは…?

お酒を飲むと、普段とは違う自分が出てくることもある。そこでお酒にまつわるエピソードを聞いてみた。

今となっては笑い話!お酒の失敗エピソード

・酔って洗濯機の中で寝ていた(20代/静岡県/パート・アルバイト)
・駐車場で寝ていて雪が積もり、探してもらえなくなるギリギリのところで発見された(30代/東京都/会社員)
・初めてのデートで飲み過ぎて潰れたこと(30代/宮城県/会社員)
・飲みすぎて翌日仕事に行けなかった(30代/宮城県/パート・アルバイト)

酔いがさめたら、後悔することもあるだろう。お酒の飲み過ぎには注意した方がよさそうだ。

お酒に感謝!エモいエピソード

・社会人になってから父や母と飲みに行けるようになり、普段なかなか話せない事も話せるようになった(20代/北海道/会社員)
・初めて好きな人とバーに行ってすっごく近づけてそのあと告白された(20代/熊本県/パート・アルバイト)
・付き合った記念日のワインがある(30代/岐阜県/専業主婦)
・学生時代怖かった先輩や先生とお酒の場で打ち解けられたこと(30代/大阪府/専業主婦)

4割以上の人が「少量で満足感のあるワインを飲んでみたい」

先ほどの調査で、ワインを飲む人が少ないということがわかったが、その理由は何なのだろう。

フォーティファイドワイン現代女性のお酒事情

「ワインをあまり飲まない理由を教えてください」と質問したところ、『味が苦手だから(32.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『開けたら飲み切らなきゃいけないから(24.1%)』『種類が多くて何が自分に合うかわからないから(18.9%)』『カラダに合わないから(10.5%)』という結果に。

少し苦みや酸味があったり、開けたら飲み切らなきゃというイメージがあるワイン。甘めのお酒が好きな人や、少量で満足できる人ははあまり好んで飲まないのかもしれない。では、比較的甘めのデザートワインならどうだろう。

「デザートワイン(甘口ワイン)を飲んだことはありますか?」と質問したところ、約6割の人が『ある(59.8%)』と回答した。デザートワインは、一般的なワインと比べてどのような特徴があるのだろうか。

飲んだ感想は?
・アイスにかけて食べたい(20代/東京都/学生)
・食事よりスイーツに合いそうな感じ(20代/新潟県/パート・アルバイト)
・普通のワインより甘くて飲みやすい(30代/東京都/会社員)
・飲みやすくてお口直しにぴったりだと思った(30代/新潟県/専業主婦)

一般的なワインより甘くて飲みやすいと感じた人が多いようだ。お口直しやデザート感覚で楽しむのもいいかもしれない

「ボトルを開けたら最後まで飲まなければ」というイメージもあり、ワインが好きでも避けてしまう人もいるかと思う。では、少量で満足感のあるワインだったらどう思うのだろうか。

フォーティファイドワイン現代女性のお酒事情

「少量で満足感のあるワインがあれば飲んでみたいですか?」と質問したところ、『飲んでみたい(41.0%)』と回答した人が最も多く、次いで『非常に飲んでみたい(31.3%)』『どちらでもない(14.5%)』『あまり飲みたくない(7.6%)』『飲みたくない(5.5%)』と続いた。

「何杯も飲むのは厳しいけれど、少量なら…」といったように、気軽に飲めるワインだったら嬉しいもの。ワインが苦手な人は、飲みやすいデザートワインから初めてみてはいかがだろう。

調査概要
調査名:「現代女性のお酒事情」に関する実態調査
調査期間:2020年3月13日(金)~ 2020年3月16日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,110人
調査対象:全国20代~30代の女性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

関連情報
https://fortify.co.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます