• TOP
  • スキンケア
  • 完全保存版!分厚い男肌を取り除く『角質ケア』【ISSEYの男前のつくり方】

完全保存版!分厚い男肌を取り除く『角質ケア』【ISSEYの男前のつくり方】(2020.05.22)

【完全保存版】分厚い男肌を取り除く『角質ケア』~清潔力を引き出すメンズコスメの選び方

1051063_s

自分史上最高の男肌にするためには、①清らかにする(清潔力)/②満ちる(保湿力)/③土台をつくる(土台力)/④はねのける(保護力)の『4つの肌力』が必要だ。

しかしあいにく、夏に向かうこれからの時期は、最高の男肌の大敵があらわれるのだ。

それは紫外線!シミをつくる原因としては知られているが、その他に実は肌の角質を分厚くしてゴワゴワ・ガサガサとした質感に変えてしまうこともあるのだ。

メンズコスメの中にもこの分厚くなった男肌をスベスベに激変してくれる『角質ケア』アイテムがいくつかあるので、今回はタイプ別にその特長を挙げてみよう。

清潔力UPの角質ケア アイテム

美容男子は肌を清潔にするために最低でも洗顔石けん(ソープ)を使っていると思うが、角質ケアのアイテムは使ったことがないかもしれない。 そもそも角質ケアは、普段のケアでは落としきれない角質や深部の汚れを取り除くためにサロンで行われていた。 

ディープクレンジングという考え方の特別なケアになるため、洗顔石けんに比べるとアイテム数が極少であり、どこでも手に入るとは限らないのでウェブ等でも探して欲しい。 

“消しゴムタイプ”で強力除去

ジェル状洗浄料などと書かれていて、顔にジェルを伸ばすと消しゴムのカスのようにポロポロとジェルのカスがでるタイプ。
角質を柔らかくする成分とジェルの物理的な刺激で“強力に”不要な角質を除去して、肌をなめらかにしてくれる。 
使う手順は、洗顔後、ローション等で肌を整える前が基本で週に1.2回を目安に使用する。

▶こんな男子に

◎ ザラザラ&黒ニキビ顔にオススメ!
鼻に黒ニキビができやすい、毛穴が大きい、ザラザラした表面…といった比較的脂っぽい肌に向いている他、脂っぽくはないが外出が多く顔が日にさらされている男子にも適している。 

× 噴火ニキビ、日焼け、ヒゲ剃り部位にはNG!
赤ニキビ。黄ニキビなどニキビが出っ張っている状態には刺激になるのでNGだ。 日焼けして赤くなっている肌も×。 さらにヒゲ剃りしている部分をSゾーンと呼んでいるが、このゾーンはシェービングで角質まで削られているケースもあるので基本的には使わない方が良い。

“ローションタイプ”で優しく除去

柔軟化粧水などと書かれていて、コットンになじませてふき取るように使うタイプ。
角質を柔らかくする成分でマイルドに不要な角質を取り除き、肌をなめらかにしてくれる。
使う手順は、洗顔後、ローション等で肌を整える前が基本で毎日使うことも可能。

▶こんな男子に

◎ 刺激に弱いニキビ男子!
角質ケアは、物理的に不要角質を取り除いたりするため刺激を感じることがある。 しかし、ローションタイプは作用も刺激もマイルドなモノが多いため、肌が弱く刺激を感じやすいく、しかもニキビも気になるといった男子にはオススメだ。

× 超敏感はNG!
いくらマイルドな作用と言っても超敏感肌や日焼け直後に使うと肌あれおこす恐れがあるので使用はさけるべきだろう。

“美容液タイプ”で最強除去

美容外科や皮膚科ではニキビ・ニキビ跡・シミなどに有効とされるケミカルピーリングという酸を使って一皮むいてしまう方法がある。

美容液タイプは、こうした方法を応用して乳酸などを高配合することで強い除去作用が期待できて、ニキビや毛穴はもちろん、明るい肌にも導いてくれる。

使う手順は、洗顔後、ローション等で肌を整える前が基本で、週1.2回からスタートするのが良いだろう。

▶こんな男子に

◎ 分厚い肌&デガ毛穴にオススメ!
ニキビ・毛穴・角栓・顔にクスミがあるといった複数のトラブルをかかえた男子に適している。 

× 頬・目元・ヒゲ剃り部位にはNG!
効果が高い分だけ刺激を感じやすい。 そのためピリピリ感や赤みが出る場合は使用は避けるべきだ。 また頬・目元・ヒゲ剃り部位は比較的に角質も厚くないため基本はNG。 Tゾーン(額・鼻部位)を中心に使うと良いだろう。

 以上、『角質ケア』コスメの代表的なタイプなので、なめらかでスベスベな男顔を手に入れるためにも選ぶ時の参考にして欲しい!

 

文/ISSEY(イッセー)

22宇治原顔写真新

メンズビューティスト(R) (一社)日本メンズビューティスタイル協会 代表理事
男性エステティシャンのパイオニア的存在で国際ライセンス『CIDESCO』の保持者。美容師を経てフランス・国内でスキンケアやメイクを学ぶ。カネボウ化粧品の美容研究所でスキンケア・ボディケアの技術、化粧品、美容理論の研究開発などに関わる。2000年独立。当時としては珍しい男性専門のサロンを立ち上げ、男の見た目、肌あれ、眉、髪や体型など男性のコンプレックスを次々と解決してきた。現在はメンズ美容の協会の代表理事、男性専門サロン“メンズフェイス恵比寿駅前”の経営、また男性美容の専門家としてメンズコスメや美容家電にも精通し、講演、執筆、連載等の活動を行う。
https://mensbeautist.com/

 

その他の情報はこちら!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます