• TOP
  • モテ講座
  • 独身男性の〝なりたい男性像〟は20代「ナチュラル」、30代「イケメン」

独身男性の〝なりたい男性像〟は20代「ナチュラル」、30代「イケメン」(2020.05.30)

マンダムなりたい男性像

新型コロナウイルスの影響で、仕事でもプライベートでも直接⼈と会う機会が減っている現状だが、今後は仕事で⼈と直接会えるようになったり、遅れた新⽣活で新たな⼈間関係がスタートしたりと、⼈とのリアルな対⾯シーンが想定される。

そういった久々の対⾯や初対⾯では、相⼿に好印象を与えるチャンスかもしれない。ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」やミドル男性向けコスメブランド「ルシード」を展開するマンダムは、20代〜40代の独⾝男性582名を対象に「なりたい男性像」について意識調査を実施した。

なりたい男性像(外⾒)は、20代は「ナチュラル」、30代は「イケメン」

マンダムなりたい男性像

マンダムなりたい男性像

なりたい男性像の外⾒においては、ナチュラルなカッコよさや誰もが認めるイケメンが全世代で上位に。

しかし、数値的には世代間に差があり、ナチュラルにカッコいい男性については、20代と40代の差が16.1%と⼤きく、20代男性が特になりたいと感じているよう。

また、メイクなどもしていて美意識の⾼い男性については、40代は2.8%と低い値であったが、20代は15.5%と5倍以上にもなっており、意識の違いが見られた。

なりたい男性像(⾝だしなみ)は20代「スキンケア」、30代以降は「髪型や体臭ケア」

マンダムなりたい男性像

マンダムなりたい男性像

マンダムなりたい男性像

なりたい男性像の⾝だしなみ意識については、20代はスキンケアなどを取り⼊れて、清潔感ある男性や、筋トレなどを行い体型メンテナンスができる男性に特になりたいと感じているようであった。

30代以降はビジネスシーンをイメージすることが多いのか、髪型や体臭ケアなどエチケットとして⾏う男性の数値が⼀番⾼くなっており、40代は体型メンテナンスも同率に。

また、エステやメイクを取り⼊れることに対して、40代は5.6%と低い値であったが、20代は16.0%と約3倍と、意識の違いが⾒られた。

直接⼈と会うことに制限があった分、久々のリアル対⾯は新鮮なはず。⾝だしなみなど、なりたい男性像を意識して、直接会うことを試みてもいいかもしれない。

なりたい男性像(内⾯)は世代ごとに違いあり

マンダムなりたい男性像

マンダムなりたい男性像

マンダムなりたい男性像

なりたい男性像の内⾯については、世代ごとに1位が異なり意識の違いが⾒られた。⾃分軸を⼤切にしたい20代、仕事のできる男になりたい30代、多くの⼈から好かれたい40代と⾃⾝を取り巻く⽴場や環境の違いにより、意識が異なるのかもしれない。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます