種類や食べ方によっては「太るサラダ」があるってホント?(2020.06.22)

サラダは種類や食べ方次第では太るおそれもあり?!

ネットリサーチを展開するマイボイスコムの調査(※)によれば、「サラダを食べる理由」として「おいしい」に加えて「健康に良い」「野菜をたくさん摂取できる」が、それぞれ50%以上の回答を得ている(複数回答、以下同)。

そのほかにも、「食物繊維をとりたい」「食事の栄養バランスをとる」などが40%以上となっており、多くの人がサラダに対して健康イメージを抱いていることがわかった。

また「好きなサラダ」としては、「ポテトサラダ」「グリーンサラダ」が、50%前後の支持を得たほか、「トマトサラダ」「マカロニサラダ」「大根サラダ」などが40%前後となっている。

そんなサラダだが、種類や食べ方次第では逆効果になってしまうこともあるらしい。そうとは知らずに積極的にサラダを食べていると、やせるどころか太るおそれもあるというのだ。

なぜ、そのようなこと起きるのか。そして健康効果やダイエットが期待できるサラダとは。

ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」で公開しているリポートから、その概要を紹介していきたい。

明日のランチタイムから活用できるはずだ。

食べ過ぎ注意の〝太りやすいサラダ〟とは

サラダダイエットカロリー糖質

ポテトサラダ
ポテトサラダはジャガイモが主体となっているだけに、そもそもが高カロリー。ジャガイモは熱に強いビタミンCを含むなど栄養価は高い半面、野菜の中では糖質も高い部類に入る。しかもマヨネーズをたっぷりと和えるので脂肪も、より多く摂ることになり、カロリーアップ!

家庭ではジャガイモの量を減らしておからを代替品として使う、あるいはマヨネーズはカロリーハーフにするなど、カロリーオフの工夫をお忘れなく。

マカロニサラダ
パスタの一種であるマカロニがメインで、実際は野菜はごく少量。サラダとは名ばかりといえるだろう。テーブルでは副菜として扱い、食べる量も控えめにしたい。

ツナサラダ
ツナ自体はまぐろのフレークなのでおすすめの食材。問題はオイル漬けの缶詰を使用したり、マヨネーズで和えること。脂肪分を過剰に摂取してしまう場合が多いので注意したい。

コーンサラダ
トウモロコシの粒をマヨネーズやコールスロードレッシングで和えたコーンサラダは、糖質+脂肪が主体。マカロニサラダやツナサラダと同じく、食べる量に気をつけたい。

春雨サラダ
春雨は低カロリーでヘルシーだと思っている人も多いかもしれないが、炭水化物が主成分ゆえ、これも要注意な食材のひとつ。さらに、春雨サラダに使われるドレッシングには砂糖や油が多めなので注意したい。

サラダダイエットカロリー糖質

ダイエットが期待できるサラダのポイント

トッピングはサラダの食べごたえや栄養価をアップして、満足度も得られる

海藻やキノコ類/低カロリーで食物繊維が豊富。噛みごたえがある点でも優れている。

・蒸し鶏、冷しゃぶ、豆腐、ハム/健康的なダイエットをするために必須の、低脂肪で良質なタンパク質を摂ることができる。冷しゃぶは赤身の豚もも肉を使う。ゴマドレッシングよりもポン酢なら脂肪を抑えることができる。

・じゃこ、ナッツ/食感が良くなるだけでなく、うま味が増す効果も。歯ごたえのアクセントにもなり、あっさりしたドレッシングでも飽きずに最後まで食べられる。

レタスは種類によって栄養価が違う!

同じレタスの仲間でも、食べるなら玉レタスよりもサニーレタス、グリーンリーフ、サラダ菜がおすすめ。玉レタスは淡色野菜で突出した栄養素はないが、サニーレタス・グリーンリーフ・サラダ菜は緑黄色野菜に分類され、βカロテンが豊富に含まれているからだ。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、肌のコンディションを整えるなどの効果が期待できる。

サラダダイエットカロリー糖質

※調査概要
調査方法/インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期/2018年06月01日~06月05日
回答者数/10,565名
調査機関/マイボイスコム

関連情報

https://microdiet.net

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます