自粛で太った?緊急事態宣言中の食生活や運動を振り返り調査(2020.06.30)

サプリポート自粛期間中生活習慣調査

2020年4月7日から出された新型コロナウイルス対策における緊急事態宣言は、国民の生活に大きな影響をもたらした。5月25日に全国で緊急事態宣言が解除されるまで、多くの人の食生活や運動にも変化があったことが見込まれる。

そこで2020年6月、サプリメントの情報サイト「サプリポート」を運営するサプリポートは、スタルジーと共同で新型コロナウイルスの影響による自粛期間中の生活習慣に関するアンケートを実施。その回答状況をデータ分析結果と併せて公開した。

自粛期間における健康への意識

サプリポート自粛期間中生活習慣調査

自粛期間においては、健康の意識が高くなった人が最多となり51.5%を占めた。新型コロナウイルスへの予防を心がけることはもちろん、普段とは異なる生活リズムのなかでどのように健康維持をしていくか多くの人が考えたことだろう。

自粛期間中の食事量

            サプリポート自粛期間中生活習慣調査

自粛期間中の食事量に関しては変わらなかった人が最多であるものの、食事量が減った人よりも増えた人が多い結果となった。

自粛によるストレスや普段とは違う生活リズムにより、意図せずして食事量が増えてしまったと考えられる。

自粛期間中の食事内容の変化

自粛期間中の食事内容の変化について具体的に回答してもらったので、その回答の一部を紹介しよう。

・体重を減らすため野菜を多く食べるようにした
・自炊する機会が増えたので、できるだけ栄養のバランスを考えるようになった
・ヨーグルトを毎朝食べるようにした
・納豆などの大豆製品を食べるようにした
・運動量が減ったのでカロリー制限した
・ストレスからお菓子をたくさん食べてしまった
・家にいる時間が長いため、つい何かを食べたくなってしまった
・普段よりも健康的な食事を実践できた方、実践できなかった方の両方が確認された

自粛期間中の運動量

サプリポート自粛期間中生活習慣調査

自粛期間中の運動量が減った人、増えた人はそれぞれ31.5%、19.0%いた。運動量が増えた人も一定数いることから、工夫次第で運動量の維持や増加は可能であったと考えられる。また、普段から特に運動をしていないため、運動量に変化が生じなかった人もいるだろう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます