• TOP
  • ヘルスケア
  • 男女共に7割に間食の習慣があり、その4割は量や頻度が多いと自覚

男女共に7割に間食の習慣があり、その4割は量や頻度が多いと自覚(2020.07.20)

マイボイスコム間食に関する調査

インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは、この度、6回目となる『間食』に関するインターネット調査を2020年6月1日~5日に実施。10,259件を集めた回答結果をデータ分析と併せて発表した。

間食の頻度

間食をする人は7割強で、男性では6割強、女性では9割弱となっていた。1日1回以上間食をする人は4割弱という結果に。

sub1

間食をする時間帯

間食をする時間帯は(複数回答)、「昼食から夕方の間」が間食をする人の72.5%、「夕食後」が33.6%、「朝食から昼食の間」「夕方から夕食の間」が各2割弱となっている。

「夕方から夕食の間」は若年層、「昼食から夕方の間」は60・70代で比率が高い傾向に。男性30~50代では、「深夜」が各1割強と他の層よりやや高くなっていた。

間食をする理由

間食をする理由は(複数回答)、「お菓子など、甘いものが好き」「なんとなく口さびしい」「おなかがすく」が間食をする人の4~5割、「気分転換」「リラックスしたい」が3割前後。

「甘いものが好き」「自分へのご褒美、プチ贅沢」は女性や若年層、「食事とは違う楽しみがある」は女性60・70代で高くなっている。男性50代では「おなかがすく」、男性60・70代では「なんとなく口さびしい」が1位に。

間食でよく食べるもの、よく飲むもの

間食でよく食べるものは(複数回答)、「チョコレート」が間食をする人の57.2%、「スナック菓子」「せんべい・あられなどの米菓」が各5割、「クッキー、ビスケット」「アイスクリーム類」が4割前後という結果に。

男性の上位3位は「スナック菓子」「チョコレート」「米菓」、女性の上位3位は「チョコレート」「米菓」「クッキー、ビスケット」となっている。

間食でよく飲むものは(複数回答)、「コーヒー、コーヒー飲料」「お茶、お茶系飲料」が間食をする人の6~7割、「紅茶、紅茶飲料」が26.8%、「炭酸飲料」「牛乳」が各1割強。

間食購入時の重視点

間食で食べるもの・飲むものを購入する時の重視点は(複数回答)、「価格」が間食をする人の37.8%、「すぐ飲食できる、手間がかからない」「分けて食べられる容器・包装」「食べきりサイズ」が各20%台であった。

「満腹感・腹持ちのよさ」は男性若年層、「甘い」は女性10~30代、「分けて食べられる容器・包装」は女性高年代層で比率が高くなっている。

sub2

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます