• TOP
  • ヘルスケア
  • テレワークで最も疲労が溜まるのは「腰」だった?!

テレワークで最も疲労が溜まるのは「腰」だった?!(2020.07.21)

明成商会テレワークにおける身体的疲労

明成商会は東京在住の自宅のデスクでテレワークを行なっている人23歳〜59歳111名を対象に、「テレワークにおける身体的疲労」に関する調査を実施。その回答結果をデータ分析と併せて発表した。

テレワークで身体的な負担や疲労を感じる人は40.5%

「Q1. あなたは、テレワークによる在宅勤務によって、出社をしていた時よりも身体的な負担や疲労が増えたと感じますか」と質問したところ、「非常に感じる」が17.1%、「少し感じる」が23.4%という結果が得られた。

明成商会テレワークにおける身体的疲労

テレワークで疲労が蓄積していると感じる人は約4割

「Q2. あなたは現在、テレワークで疲労が蓄積していると感じますか」と質問したところ、「非常に感じる」が15.3%、「少し感じる」が24.3%という回答があった。

明成商会テレワークにおける身体的疲労

最も疲労が溜まっている身体の部位は「腰」

Q2で「非常に感じる」「少し感じる」と回答した人に、「Q3. 特に疲労が溜まっていると感じる身体の部位はどこですか」と質問したところ、「腰」が61.4%、「眼」が54.5%であった。

明成商会テレワークにおける身体的疲労

テレワークで疲労を感じる理由は「自宅の椅子が仕事に適していないから」

Q2で「非常に感じる」「少し感じる」と回答した人に、その理由を質問したところ、「自宅の椅子が長時間働くのに適していないから」が39.5%、「家でずっと座りっぱなしだから」が37.2%という回答があった。

明成商会テレワークにおける身体的疲労

まとめ

今回の調査では、自宅でテレワークを行なっている人に対して、テレワークにより身体的負担や疲労が蓄積しているかを調査した結果、約4割の方が疲労が蓄積していると実感していることが明らかになった。

特に、疲労が溜まっている部位としては、「腰」と回答した人が61.4%と最も多く、疲労が溜まっている理由としては約4割が「自宅の椅子が長時間働くのに適していないから」や「家でずっと座りっぱなしだから」と回答したことから、テレワークにより自宅の椅子で座って仕事をすることが多くなったことが原因で、多くの人が腰をはじめとした身体に疲労が溜まっていると感じているという事実が浮き彫りになった。

調査概要

調査概要:「テレワークにおける身体的疲労」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年6月30日
有効回答:東京在住の23〜59歳 111名

関連情報
https://aqualeap.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます