• TOP
  • スキンケア
  • マスク生活で意識すべき肌ケアは「毛穴の目立ち」と「乾燥」

マスク生活で意識すべき肌ケアは「毛穴の目立ち」と「乾燥」(2020.07.31)

ドクターシーラボマスク生活肌不調

外出の機会も増え、よりマスク時間が増える今後の生活。実際“マスクニキビ”や“マスクあれ”といった肌不調を感じている人も多いのではないだろうか。そこで、ドクターシーラボは、「マスク生活での肌不調」に関して全国の20~50代の女性241名にアンケート調査を実施。男性も参考となりそうな結果となった。

続くマスク生活。在宅期間の肌不調は「毛穴の目立ち」と「乾燥」

ドクターシーラボマスク生活肌不調

sub4

「在宅期間で気付いた肌不調」に関してアンケートをとると、幅広い肌トラブルがあがる中、「毛穴」「乾燥」「脂っぽさ」「ニキビ」が上位に。

さらに「特に肌不調を感じる部位」に関しては、「特にない」という方に続き、「口元」「頬」「小鼻」の回答がみられた。

この時期の肌不調=マスク生活による影響がうかがえる結果に。マスクはなんとなくその中が保湿されているように感じがちだが、実際には外した後非常に乾燥した肌状態となり、ケアが大切だ。また、着脱時の摩擦も注意したい。

9割がマスクを意識しないスキンケアを実施

ドクターシーラボマスク生活肌不調

ドクターシーラボマスク生活肌不調

マスク着用による肌不調を意識したスキンケアは、なんと90%の人ができていないことが判明した。

実際に肌不調を感じている方が多いにもかかわらず、意識してケアをしている人は非常に少ない結果に。実感がないと中々できないケアのため、あまり意識されづらいよう。

また、マスクあれ時に必要と考えるケアは「保湿」「肌あれ対策」「ニキビ」が上位の回答に。「毛穴」「エイジング」などもあがっており、非常に広いケアがもとめられている。

マスク着用による肌不調は今後も多くの方が抱える悩みとなるものの、中々実感がないと行わないスキンケアのよう。

次第に外出する機会も増える中、いざ友人との再会というときに、中々自信をもってみせられない肌状態になることも。健やかな肌状態を保つ素肌をキープするケアが大切だ。

調査概要
調査方法:Webアンケート
調査日:2020年5月20~24日
調査対象:20歳~59歳/女性

関連情報
https://www.ci-labo.com/

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます