朝食を摂らないと口臭がキツくなる、その理由(2020.08.02)

434126152

口臭の原因は、下水から発生する硫化水素と同じ!

朝は少しでも寝ていたい……。そうなると省くのは朝食になりがち。すると、丁寧に歯磨きしても口臭がキツくなる傾向にあるという。

また、朝食を摂っても、ツルッとのど越しのいい食べ物だったら、歯磨きしても口臭が消えにくいそうだ。

筆者は、口臭の原因を歯科大学歯学部 衛生学講座の教授に伺ったことがあるので、詳細を皆さんと共有していきたい。

歯学部教授「口臭の主な原因は舌苔(ぜったい)です。舌苔とは、舌表面に付着している白くて苔っぽいもののこと。

口の粘膜は皮膚の垢と同じように、古くなった細胞が剥がれ落ち、舌の上に白く溜まって腐敗。それが舌苔になります。さらに、白血球や細菌、食べ物のカスなどからも成り立っています。

舌苔から発生する臭いの素は“硫化水素”。温泉や火山、下水などで発生する、卵やタマネギが腐ったような臭いも硫化水素なのです。

舌苔が増えるということは、口の中がドブのような状態に。歯を丁寧に磨いても、舌苔があると口臭は防げません」

ツルッとのど越しのいい食材は、舌の掃除をしない

では、なぜ舌苔が増えるのか? それは食事に原因があるという。

歯学部教授「よく噛んで食べると、飲み込む前に食材を塊のような形状にしていることを、ご存じでしょうか?

この塊を、医学用語で『食塊(しょっかい)』といいます。ゴクンと飲み込むときに、食塊は舌の上を摩擦し、掃除してくれるのです。

1日の中で、舌苔がいちばん多くなるのは寝起き。朝ご飯抜きや、ツルッと飲み込めるゼリー状の栄養補助食品等を朝食代わりにしている人は、食塊ができないので、口臭がキツくなる傾向に。

食欲のない夏も、そうめんや冷や奴、冷たいスープなど、あまり噛まずにツルッと飲み込める食事が好まれます。すると、舌の掃除が不十分になり、口臭がキツくなりがちですね」

口臭を防ぐには、何を食べたらいいのか?

舌苔の中には、歯周病菌が含まれていることが多いという。現在、歯周病ではない人でも、舌苔を放っておくと歯周病菌が増殖してしまうかもしれない。

歯周病も口臭原因のひとつなので、口の臭いが、さらに強烈になってしまうのだ。

歯学部教授「舌苔は寝起きにいちばん多くなるので、食塊をつくれる朝ご飯をしっかり食べましょう。

ご飯やパンは、飲み込むとき塊になりやすいので、主食として取り入れてください。中でも、ベーグルは食塊をつくりやすいので、口臭が気になる人にオススメ。

また、キウイやパイナップルに含まれている酵素は、舌苔を分解しやすいので、食後のデザートに適しています」

口臭舌苔歯周病

歯ブラシで舌苔をとると、舌にミクロの傷がつく

食塊のできる朝食を摂ったあと、歯磨き前に舌ブラシで舌苔を落とすと、より口臭は減るという。

歯学部教授「歯ブラシで舌掃除している人もいますが、それは避けるべき。

普通の歯ブラシで、1度の舌掃除につき2~3回(人によっては5~6回)擦るだけで、血液成分のヘモグロビンがにじみ出てしまうくらい、ミクロの傷がつくからです。

ミクロの傷とはいえ、舌の表面が毎日傷つくと、その刺激で将来、ガン化する恐れもありますから。

舌の掃除は、朝食後、歯磨き前に行いましょう。舌ブラシで落とした舌苔は、口腔内に飛び散る場合があるので。

飛び散った舌苔は、うがい程度では落ちないため、歯磨きする必要があるのです」

舌ブラシを使うときは、鏡を見ながら大きく口を開け「アッカンベー」するように思い切り舌を突き出そう。こうすると、舌ブラシで掃除したときの嘔吐反射を抑えることが可能になる。

舌ブラシは、舌の奥から手前に向かって動かし、舌苔を掻き出そう。毎日、舌ブラシを使っている人なら、舌表面の右側3回、中央3回、左側3回がブラッシングの目安。

また、舌を傷つけないため、舌ブラシは100g以下の圧力で使おう。キッチンスケールなど、食材の計量器に舌ブラシを押し当てて、100gの圧力を覚えておくといいだろう。

外出先での口臭予防は、粉茶が効果的

朝食後に舌掃除をしていても、仕事のプレゼンなど緊張して口が乾くと口臭は強くなる。そこで、外出先での緊急時には粉茶が効果的なのだ。

歯学部教授「スプーンすり切り1杯程度の粉茶を舌の上にのせ、上アゴに押しつけるようにして口の中全体に広げましょう。

茶葉に含まれるポリフェノールが、口臭を生み出す細菌を抑制します。ミントタブレットや歯磨きより、粉茶のほうが臭いの原因菌に作用するというデータがありますから」

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます