• TOP
  • ヘルスケア
  • 専門家が指摘!免疫力の増進には抗酸化力の高い食材の摂取が重要

専門家が指摘!免疫力の増進には抗酸化力の高い食材の摂取が重要(2020.08.06)

免疫力抗酸化力ビタミンC

8月に入っても新型コロナウイルス感染者数の増加傾向は続いており、5日時点で都内の感染者数は9日連続で200人を突破した。

このようなwithコロナの時代においては手洗いやうがい、マスク着用などウイルスからの物理的な感染予防に加えて、体の免疫力を整えておくことが重要だと言われてる。

そこで今回は、女子栄養大学栄養生理学教授の上西一弘先生の監修による、毎日の食事と免疫力に関するリポートをお届けしたい。

免疫力低下を防ぐにはバランスのとれた食事を

上西先生 「この時期は免疫力を上げることばかりに目がいきがちですが、免疫を下げずに維持することも重要です。免疫力の低下の原因は、ストレス、疲労、睡眠不足などさまざまありますが、重要なのは食事と栄養です。

その結果、適正な体重を維持することが大切になってきます。さらに肥満だけでなくやせも問題で、血清アルブミン値(身体の栄養状態を示す指標)が低下すると、インフルエンザのワクチン接種後の抗体陽性率が著しく低下することがわかっています」

さらに上西先生はバランスのとれた食事の重要性を説く。

上西先生 「免疫力を維持するためには、エネルギーとなるタンパク質、脂質、炭水化物のバランスが重要。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含む食材を摂ることも大切です」

抗酸化力と免疫力の関係

上西先生「免疫力の維持、増進には栄養バランスのとれた食事とともに、抗酸化力の高い食材を意識して摂りましょう」

そんな抗酸化作用の高い成分としてはポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEなどが知られている。

上西先生 「活性酸素やフリーラジカルは、老化、がん、生活習慣病に関係しており、適当な量を保つことで免疫力も保たれることがわかっています。つまり、抗酸化力が高い食品をとることが、免疫力の維持、増進につながります」

上西先生が提言する〝免疫力を低下させない食事〟

上西先生は以下の3点を挙げている。ぜひ毎日の食事の中で意識していただきたい。

・食事からとる多くの成分が総合的に作用しながら免疫力を維持
・いろいろな食品から、栄養バランスの取れた食事をとる
・免疫に関与するすべての成分を摂取するのが、科学的な根拠に基づいた方法

監修/上西一弘 先生
女子栄養大学栄養学部教授、栄養学博士。徳島大学医学部栄養学科卒業。食品関連企業に就職し入院患者向けの流動食の開発に携わる。1991 年より女子栄養大学に勤務。食べることを一歩進め、選手のパフォーマンスが上がり、勝てる身体を作るためのスポーツ栄養学を研究し指導を行う。

参考レシピ/健康効果が期待できる「キウイはちみつヨーグルト」

<作り方>
(1)キウイフルーツは、皮をむき、適当な大きさに切る。
(2)器に好みでグラノーラまたはシリアルを入れ、ヨーグルトとキウイをのせ、はちみつをたっぷりかける。最後にミントの葉を飾る。

キウイで食物繊維、はちみつでオリゴ糖、ヨーグルトで乳酸菌を摂取できる。特にキウイは、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、カロテノイドなど免疫システムに作用するさまざまな栄養素を含む。さらに腸内で発酵する発酵性食物繊維も豊富で、健康効果も期待されている。

免疫力抗酸化力ビタミンC
(画像はイメージです)

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます