• TOP
  • ヘルスケア
  • コロナで躊躇するようになったこと「マスクをしない外出」「大人数の外食」

コロナで躊躇するようになったこと「マスクをしない外出」「大人数の外食」(2020.09.13)

withコロナの状況下で躊躇することは「マスクをしないでの外出」

全国の20代から60代の男女1,000人に「withコロナの状況下で躊躇すること」を質問すると、「マスクをしないでの外出」(62%)、「大人数での外食」(59.4%)が上位に。

また、「つり革や手すりをつかむ」(47%)、「公共交通機関の利用」(45.5%)も5割弱と、新型コロナウイルス流行後、引き続き公共交通機関の利用をためらう傾向が高いことが明らかとなった。

BIGLOBEwithコロナ時代のストレスに関する調査

調査概要
調査名:withコロナ時代のストレスに関する調査
調査対象:社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年8月5日~8月6日
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がある。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合も。

関連情報
https://style.biglobe.co.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます