コロナ禍の4月以降、キャッシュレス利用が3割増(2020.09.16)

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

国内最大級のポイント交換サービス「Gポイント」を運営するジー・プランとBIGLOBEは、インターネットを利用する全国の男女7,865人を対象に「withコロナにおけるキャッシュレスの利用実態調査」を実施。回答状況をデータ解析結果と併せて発表した。

新型コロナウイルス流行後、キャッシュレスの利用が全年代で3割増

全国の10代から80代の男女7,865人に「4月以降のキャッシュレス利用頻度」を質問したところ、「キャッシュレス決済が増えた」(29.5%)、「以前と変わらない」(60.6%)と続き、キャッシュレス決済を使う人が合計92.5%となった。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

「キャッシュレス決済が増えた」理由としては「ポイント還元」が78.6%、「現金に触りたくない」が31.4%という結果に。世代間の差として、高齢層は「感染症対策」、中年層は「ポイント還元」などを理由にキャッシュレス決済が増えている。

また都市部とそれ以外では差がなく、日本全体でキャッシュレスの利用が増加していた。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

利用頻度の高いキャッシュレスはクレジットカード、交通系

「普段利用しているキャッシュレス決済」の種類を質問したところ、「クレジットカード」(68.7%)、「交通系(Suica、PASMO 等)」(36.8%)、「流通系(WAONポイント、nanacoポイント 等)」(26.1%)、「PayPay」(25.0%)となった。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

「普段の買い物で利用する場合、1回あたりの支払金額が幾らの時に使うことが多いか」を聞いたところ、ICカード型電子マネー(交通系・流通系の電子マネー)では「1,000円以下」と回答した人が最多となった。

クレジットカードを利用する人の合計は85.5%となり、支払金額を問わずに幅広く使われ、5,000円以上の高額支払いは23.3%と多い。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

マイナポイントは認知8割だが申し込みは1割

マイナポイントの認知は、「知っている(名称だけ聞いたことある)」(46.0%)、「知っている(内容まで把握している)」(27.2%)、「知っている(登録中or登録済)」(10.2%)等、知っている人が合計で83.3%となった。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

マイナポイント制度を利用しない理由は、「マイナンバーカードを持ってない or 交付申請が複雑だから」(35.4%)、「マイナンバーカードを作りたくない」(26.8%)と続いた。

GポイントBIGLOBEキャッシュレス利用実態調査

調査概要
調査名:withコロナにおけるキャッシュレスの利用実態調査
調査対象:全国の10代から80代の男女7,865人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年7月20日~7月26日
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がある。また複数回答可の設問があるため、合計100%を超える場合も。

関連情報
https://www.biglobe.co.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます