• TOP
  • 新商品・イベント
  • 新しい生活様式でオンラインに変わったものは「買い物」「飲み会」「通勤・通学」

新しい生活様式でオンラインに変わったものは「買い物」「飲み会」「通勤・通学」(2020.09.24)

エン婚活エージェントコロナ禍オフラインからオンライン生活様式の変化

新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の暮らしに大きな変化をもたらしている。そこでエン・ジャパングループが運営する結婚相談所「エン婚活エージェント」は、20代~30代の男女を対象に、「コロナ禍におけるオフラインからオンラインへの生活様式の変化」に関する調査を実施。

1,057人(未婚男女516人/既婚男女541人)から寄せられた回答状況をデータ分析結果とともに公開した。

コロナ禍の影響でオフラインからオンラインに変化したもの

エン婚活エージェントコロナ禍オフラインからオンライン生活様式の変化

「新型コロナウイルスの影響で、オフラインからオンラインに変化したものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『買い物(26.1%)』という回答が最も多く、次いで『飲み会・パーティー(20.3%)』『通勤・通学(17.6%)』『会議・商談(12.5%)』と続いた。

4月に発令された緊急事態宣言に伴う外出自粛要請や営業自粛要請を受けて、オンラインショッピングやオンライン飲み会、そしてテレワークやオンライン授業に変えた、または変わった人が多いようだ。

オンラインに変化した理由とは

エン婚活エージェントコロナ禍オフラインからオンライン生活様式の変化

続いて、「オンラインに変化した理由を教えてください」と質問したところ、『感染リスクを避けるため、自分の意思で(39.9%)』という回答が最も多く、次いで『会社や学校、主催者側などの方針に従って(28.4%)』『家族や友人と相談して(13.2%)』と続いた。

自らの意思でオンラインへと切り替えた人が多いようだ。自身が感染するリスクももちろんだが、もし感染しても症状が軽かったり無症状だったりした場合、他の方に感染させてしまうリスクもある。

みなさんのこうした「感染予防対策」が、日本が欧米のような大規模なクラスターに陥るのを防いでいると言えるかもしれない。

“新しい生活様式”としてオンライン化が進みそうなものは?

エン婚活エージェントコロナ禍オフラインからオンライン生活様式の変化

「オンラインが“新しい生活様式”になると思うものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『会議・商談(34.9%)』という回答が最も多く、次いで『通勤・通学(28.9%)』『飲み会・パーティー(25.5%)』『買い物(25.2%)』と続いた。

既にオンラインへと変わったもののトップは『買い物』であったが、今後、『会議・商談』のオンライン化が定着すると予想している人が多い。従来では考えられなかったものも、今後オンラインが普通になるのかも。

テレワークなど、最初はオンラインでもできるのか不安だったものも、実際にやってみると意外とできることが分かった人も多いと思う。そういった経験や実績から考えれば、さらに多くのものがオンラインで完結できそうだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます