• TOP
  • モテ講座
  • 結婚して気づいた「独身時代にしておくべきこと」

結婚して気づいた「独身時代にしておくべきこと」(2020.10.02)

アニヴェルセル結婚前にしておいた方がよいこと

幸せな結婚生活も時を経て日常に変わっていく…

幸せいっぱいの新婚生活。何もかもが新鮮で輝きに満ちた毎日。でも、半年、一年と経てばいつの間にかそれが日常に変わっていく。

そんなとき、満ち足りた生活に不満はなくても、ふと独身時代を振り返ることもあるだろう。結婚前にやり残したことはなかったか、もっと、あんなことやこんなことをしておけば良かったなど。

結婚してからはできないこと、しづらいこと。後悔というほどではないにしても、それは結婚前には気づきにくいもの。

厚生労働省が行なった『平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況』によれば、夫妻の初婚、再婚の組合せ別婚姻件数の年次推移をみると、「夫妻とも初婚」は平成27年は73.2%と、平成26年の73.6%より減少している。

これに対して「夫妻とも再婚又はどちらか一方が再婚」は平成27年は26.8%で、平成26年の26.4%より上昇。ちなみに「夫妻とも再婚又はどちらか一方が再婚」の比率は平成17年に25%を超えて以来、その水準を維持している。

結婚に関しては、注目すべきデータの一つと言えるだろう。

というわけでアニヴェルセルでは、20代~30代の既婚男女412名を対象に、「結婚して気づいた、結婚前にしておいた方がよいことはなんですか?(いくつでも)」というアンケート調査を実施しているので、改めてその回答状況とデータ分析結果を紹介していきたい。

結婚して気づいた、結婚前にしておいた方がよいこと

アニヴェルセル結婚前にしておいた方がよいこと

・1位 貯金(69.4%)
1位になったのは「貯金」。約7割が回答した。「結婚後は思っていたよりお金がかかる!」というのが結婚生活をスタートしたご夫婦の本音ということだろうか。結婚してからでは、なかなかできないのが「貯金」なのかもしれない。

・2位 旅行に行く(43.7%)
2位に入ったのは「旅行」。4割以上が選んだ。夫婦の予定を合わせるスケジュール調整、何かと行きづらい子供が生まれてからの旅行や友人同士の旅行、たしかに結婚してからの自由な旅行は、なかなか気軽にできないものだ。

・3位 欲しいものを買っておく(40.0%)
こちらも4割の回答。3位は「欲しいものを買っておく」であった。独身時代には気ままにできた買い物も、結婚してからの買い物はすべて夫婦協議の上で、というカップルは少なくないことだろう。

・4位 他の異性を知る(28.6%)
4位は「他の異性を知る」。ちょっと穏やかではない回答だが、3割近い方が回答していた。パートナーの素晴らしさを実感するために、もっと恋愛の経験値を高めておきたかったと思うのも、偽らざる思いなのかもしれない。

・5位 自分磨き(21.4%)
5位は約2割が選んだ「自分磨き」。外見的なこと、内面的なこと、自分磨きと一口にいっても様々な「磨き方」があることだろう。だからこそ、時間が自由に使える独身時代に、一つでも多くの「自分磨き」をしたかったと思う方は少なくないようだ。

・6位 仕事のキャリアを積む(18.2%)
6位には、2割弱が選んだ「仕事のキャリアを積む」が入った。結婚生活がキャリアの足かせになるということではないだろうが、家族への責任を考えると、家庭を顧みずキャリアアップに邁進しづらいと考える人もいるようだ。

・7位 留学(7.5%)
7位は「留学」、1割未満の回答率であった。本格化するグローバル社会の到来を前に、留学経験がないことに後悔を覚える人も少なからずいるということだろうか。

アニヴェルセル結婚前にしておいた方がよいこと

【調査概要】
表題/「恋愛・結婚意識」に関する実態調査
調査方法/インターネット調査
調査期間/2018年4月5日~4月7日
調査対象/全国 20歳~39歳 既婚男女412名

【関連情報】
http://www.anniversaire.co.jp/

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます