女性の54%、男性も46%がセクハラが原因による転職活動の経験あり(2020.10.09)

キャリア転職センターセクハラ転職経験

東晶貿易が運営するキャリア転職センターでは、「男女4800人にセクハラによる転職経験の有無を調査」を実施。その結果をデータ解析を添えて公開した。

セクハラが原因による転職活動の経験は男性46%、女性54%

キャリア転職センターセクハラ転職経験

セクハラが原因による転職活動の経験があると回答した人は、男性は46%、女性は54%という結果になった。

キャリア転職センタ―では、セクハラが原因による転職の経験があると回答のなかで、どのようなセクハラがあったのかを調査した。

また差支えのない範囲の上で記述式で自由に回答をしてもらった結果、セクハラの内容は下記の5つのタイプに分けられることが分かった。具体的なハラスメントの内容を公表しているため、読む前に注意を。

言葉によるハラスメント
・30超えた女は価値がないと言われた(女性・40歳〜49歳)
・卑猥な言葉を言われる(男性・40歳〜49歳)
・子供をおろして仕事しろと言われた(女性・50歳〜59歳)

身体に触れる
・お尻を触られた、手を触られた(女性・40歳〜49歳)
・役員が飲み会で女子社員を膝の上に座らせた。(男性・50歳〜59歳)
・同性上司が、顔や尻を触ってきて気持ち悪く会社に相談したら私の気のせいで済まされた。(男性・40歳〜49歳)

性差別に関する言動
・男性看護師だからという理由で処置を拒否される。(男性・40歳〜49歳)
・女性だからどうせ辞めるだろうと、エンジニアの仕事をやらせてもらえなかった(女性・20歳〜29歳)
・女性差別的なことを言われる(女性・20歳〜29歳)

プライバシーに関わる内容を執拗に聞く
・男性上司に具合が悪いと言ったら「生理前だからかな?」と言われた。(女性・30歳〜39歳)
・ハンカチを持っていただけで「妊娠してるの?」と男性上司から言われた。(女性・40歳〜49歳)

親密な関係を迫る
・毎日下ネタを聞かされ、寝よう寝ようといい続け、本気で断ったらパワハラされて辞めさせられた。(女性・50歳〜59歳)
・お互い既婚者だが、交際を迫られ、断ったら、さまざまな嫌がらせ行為があった。(女性・50歳〜59歳)

他にも「在宅ワーク中に家の近くまでこられて無理矢理お茶に行かされた(女性・30歳〜39歳)」「トイレの盗撮をされた(女性・30歳〜39歳)」などが寄せられた。

セクハラを受けた半分以上が『何も対処しなかった』

キャリア転職センターセクハラ転職経験

セクハラが原因による転職の経験があると回答のなかで、転職に至るまでにどのような対処を行ったのかを調査した。

調査の結果、『何も対処を行わなかった』が409票と最も多い結果に。職場でのセクハラによる転職経験があると回答した人の54%が、何の対処も行っていなかった。

76%が転職をしてよかったと回答

キャリア転職センターセクハラ転職経験

調査の結果、転職をしてよかったとの回答が76%、思わなかったとの回答が24%という結果に。転職をして環境をかえたことで76%のひとは満足しているということがわかった。

調査概要
アンケート内容:セクハラによる転職経験の有無
調査期間:2020年9月27日~2020年9月30日
調査対象:20歳以上の男女4800人
調査エリア:全国

関連情報
https://tenshoku-center.com/sexualharassment-survey/

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます