• TOP
  • リラクゼーション
  • オフィスワーカー必携!『目もとエステ』で働く目もとを温感リフレッシュ【PR】

オフィスワーカー必携!『目もとエステ』で働く目もとを温感リフレッシュ【PR】(2016.02.08)PR

連日、取材や原稿作成に追われるメンズビューティー編集部では、入稿作業が終電近くまでおよぶ日も珍しくはない。「紙」から「ネット」へとメディアは移行しても、編集という仕事が目を酷使することには変わりがなく、むしろPC主体の作業のほうが目に対する負担が増えたようだ。実際、編集部でも「モニターの文字がかすむ」「目のピントが合いづらくなった」「近視が進んだように感じる」など、目の疲労を訴える声が多く聞かれる。そんなスタッフの顔を見れば目もとには疲れがにじみ、表情も暗くなりがち……。

こんな状態をリフレッシュするにはどうすればいいのか。まず、眼が疲れたと感じた時は遠くを見ること。人間の目は水晶体がカメラのピントの役目を担っており、その動きを調整しているのが水晶体の周囲にある毛様体筋と呼ばれる筋肉だ。毛様体筋は手元など近くを見る際は縮んで緊張しており、長時間のPC作業を行なえば、凝り固まってしまう。そこで遠くを見ることで、毛様体筋の緊張を解いてやるのだ。

さらに目の周囲を温めることでも、スッキリ感が得られるといわれている。そこでメンズビューティ編集部では、この温感による目もとのリフレッシュに注目。パナソニックの『目もとエステ〈リフレタイプ〉 EH-SW31』を体験してみることにした。

■眼精疲労参考記事
http://panasonic.jp/health/library/oshiete/0702/oshiete20_1.html

「目もとエステ〈リフレタイプ〉」は、独自の「アイホール集中スチーム」機能により、PC作業などで酷使した目もとを〝温感リセット〟してくれる美容家電。使い方はゴーグル型の本体をアイウエアの要領で顔に乗せるだけ。充電式のコードレス仕様のため、使う場所も選ばない。

パナソニック
目もとエステ〈リフレタイプ〉 EH-SW31

AP2O8392_1

オープン価格
外形寸法/高さ62×幅141×奥行84mm
本体質量/約135g
スチーム・ミストの種類/アイホール集中スチーム
充電時間/約1時間
連続使用時間/フル充電で約2回(1回約12分)使用可能

AP2O8311

本体カラーには落ち着いたブラウンが採用されており、自宅はもちろん、移動中の車内やオフィスの空間にもなじむ。形状もヘッドマウントディスプレイを連想させるクールなデザイン。しかも振動ノイズや動作音もなく、周囲を気にすることなく使用できる。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます