with/afterコロナ時代に求められる〝理想の住宅〟とは(2020.10.12)

vacanceswith/afterコロナ時代の理想の家調査

新型コロナの流行により、「おうち時間」という言葉が生まれるほど、家での過ごし方に変化が起きた。家での過ごし方が変わっていくなかで、家に求める理想像にも変化が生じているのではないだろうか。

特に子どもを持つ家庭では、with/afterコロナに合わせた家が必要かもしれない。

そこで規格外住宅「vacances」を展開する、vacancesは、世帯年収800万円以上の小学生以下の子どもをもつ保護者を対象に、with/afterコロナ時代の理想の家に関する調査を実施。その結果をデータ分析と併せて公開した。

新型コロナの流行は家に対する考え方を変えたのか

vacanceswith/afterコロナ時代の理想の家調査

「新型コロナの流行は、家に対する考え方を変えましたか?」と質問したところ、7割近くの人が『はい(67.9%)』と回答した。今回の新型コロナの流行によって、家に対する考え方が変わった人が多いよう。

では、具体的にどのような考え方をするようになったのだろうか。詳しく聞いてみたところ、

・より過ごしやすくかつ魅力のある家にしたくなった(30代/男性/会社員)
・家で過ごす時間を快適にする気持ちが湧きました(30代/女性/パート・アルバイト)
・外出する機会が少なくなったので、家で楽しむことを画策しています(40代/男性/公務員)
・家族が在宅勤務する時間が増えたため、プライバシーを守るために部屋数が多いほうが良いと思った(40代/女性/専業主婦)

などの回答が寄せられた。

新型コロナ流行前と後で異なる〝家に求める理想像〟

先程の調査で、新型コロナの流行によって生じた、家への考え方の変化が明らかになった。では、新型コロナの流行前と後で、家に求める理想像は変わっているのだろうか。

vacanceswith/afterコロナ時代の理想の家調査

「新型コロナ流行前の、家に求めていた理想像を教えてください」と質問したところ、『通勤・通学が便利な立地(42.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『広さ・間取り(22.2%)』『耐震性や耐久性(15.3%)』『資産価値(13.6%)』『外観デザイン(5.5%)』と続いた。

新型コロナ流行後には、どのような理想像を求めるようになったのだろう。

「新型コロナ流行後の、家に求める理想像を教えてください」と質問したところ、『在宅勤務スペースの確保(36.8%)』と回答した人が最も多く、次いで『遊べる空間がある(24.5%)』『趣味に没頭できる空間(12.3%)』『内観デザイン(11.1%)』『庭や緑を感じられる(10.9%)』と続いた。

新型コロナ流行前と後の家に求める理想像の違いとして、流行前は「衣食住」の空間を求めていたのに対し、流行後は衣食住に加え「遊」を家にも求めるようになったことが考えられる。

新型コロナの流行により、在宅勤務や自宅待機など、家で過ごす時間が増えたなかで家に求める理想像にも変化が生じたのかもしれない。

子どもの成長を考えるうえでは、どのような家が最適か

前述の調査で、新型コロナの流行によって家の理想像は、衣食住の空間から衣食住+遊の空間を求めるようになった人が増えていることがわかった。では、「子どもの成長」を考えていくなかで、これからはどのような家が求められているのだろうか。

vacanceswith/afterコロナ時代の理想の家調査

「子どもの成長を考えるうえで、家の空間や環境は大切だと思いますか?」と質問したところ、9割以上の人が『とても大切(60.2%)』『どちらかといえば大切(34.3%)』と回答した。

家の空間や環境は、子どもの成長に欠かせないと考えている方がほとんどのようだ。それでは、具体的にどのような家が良いのだろう。

vacanceswith/afterコロナ時代の理想の家調査

「家を子育てするという環境としてみた時に、どのような家が良いですか?」と質問したところ、『大人も子どもも楽しめる家(39.5%)』と回答した人が最も多く、次いで『子どもが一人でも遊べる家(18.2%)』『発想力や自立性を育める家(14.4%)』『遊びつつ学ぶことができる家(14.1%)』『体験型の遊びができる家(12.6%)』と続いた。

子どもだけでなく、親である大人も楽しめる家を求める人が多いよう。では、子どものためにどのような家・空間がほしいと思っているのでしょう。詳しく聞いてみた。

子どものためにこんな家・空間がほしい!
・子どもの成長とともに家の間取りを変更できる空間のある家(30代/女性/専業主婦)
・子どもが安全で、家にあるもので想像しながら遊べる(30代/女性/専業主婦)
・プライバシーを守れる空間を与えつつ、家族の一体感が育めるような家(40代/男性/会社員)
・遊びや学習のための充分なスペースの確保(40代/男性/自営業)

などの回答が寄せられた。子どもが一人で遊ぶよりも、大人も一緒になって遊び、子どもの成長に寄り添っていきたいのかもしれない。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます