• TOP
  • 新商品・イベント
  • 2020年9月生まれベビーの名前は女の子が「月」、男の子は「海」関連がトレンド

2020年9月生まれベビーの名前は女の子が「月」、男の子は「海」関連がトレンド(2020.10.14)

2020年9月生まれベビー名前ランキング

ベビーカレンダーは、2020年9月生まれの子14,074名(女の子:6,840名/男の子:7,234名)を対象に『9月生まれベビーの名づけトレンド』に関する調査を実施。その結果をランキング形式で発表した。

9月生まれの赤ちゃんに人気の名前ランキングTOP10

main

「月」を用いた“ルナネーム”が人気!残暑の影響か、海を連想する名前も

9月生まれの女の子に人気の名前1位は「陽葵(主なよみ:ひまり)」、2位は「紬(つむぎ)」「凛(りん)」であった。「陽葵」は5月以降、5カ月連続で1位をキープしており、今最も人気の高い名前だ。

9月は名前に「月」を用いた「ルナネーム」が多く名づけられていた。7位「美月(主なよみ:みづき)」、8位「葉月(はづき)」、13位「結月(主なよみ:ゆづき)」と、月間ランキング15位以内に「ルナネーム」が3つランクインしたのはここ1年で初めて。

9月といえば“お月見”。一般的に9月は月を愛でる「十五夜(中秋の名月)」(※1)の習わしがあることから、「月」を用いた名づけが好まれる傾向にあるようだ。

また、7月に100位以下の圏外、8月に14位だった「葉月」が、9月は8位へランクアップ。旧暦で8月を指す「葉月」は「葉落ち月」が転じたものとされており、季節は“秋”。

現在は、葉月=8月として用いられることも多いため、「葉月」は8月と9月生まれの赤ちゃんに多く名づけられているよう。

9月生まれの男の子に人気の名前は、1位「湊(主なよみ:みなと、そう)」、2位「蓮(れん)」、3位「朝陽(主なよみ:あさひ)」という結果に。「湊」は8月の12位から大きく順位を上げ、1位になった。

1位「湊」、7位「湊斗(主なよみ:みなと)」に用いられている「湊」は、水上航路が集まる“みなと”を表す。青色という意味をもつ4位「蒼(主なよみ:あおい、あお)」は、「蒼海(そうかい/青々とした海)」という言葉にも用いられる。

海や風が静まることを意味する「凪(主なよみ:なぎ)」は、2019年の名前ランキングで93位であったが、9月は8位を獲得。初めてTOP10入りしました。9月は「湊」を用いた名前や、「蒼」、「凪」など、海を連想させる名前が多く名づけられていた。

今年の9月は台風9号、10号が立て続けに接近し、9月では初めて40℃を超える地域もあった、記録的な残暑となった。この厳しい残暑が、8月に引き続き、9月も海を連想する名前の増加に影響していたのかもしれない。

9月生まれの赤ちゃんに人気の名前のよみランキングTOP10

sub1

女の子は「レトロネーム」、男の子は「と止めネーム」がトレンド 

9月生まれの女の子に人気のよみ1位は「めい」、2位「つむぎ」、3位「ほのか」であった。1位の「めい」は、8月の7位から大きくランクアップ。今年に入ってTOP10ランクインをキープし続けているトレンドの名前だ。

女の子の名づけトレンドの傾向としては、2位「つむぎ」、3位「ほのか」、10位「いろは」のほか、11位「いちか」、12位「あかり」、16位「はな」など、古風で日本的なイメージのある「レトロネーム」が好まれている印象となった。

年間ランキングを徐々に上げている「いろは」は、初めて月間ランキングでTOP10入り。毎月TOP20以内にランクインし続けており、2020年の年間名前ランキングでも上位ランクインが予想される。

9月生まれの男の子に人気のよみは、1位「はると」「みなと」、3位「ゆいと」であった。「はると」は2020年の月間ランキングで、1月以降9カ月連続1位、2018年、2019年の年間ランキングで1位と、ここ数年で最も人気の高いよみだ。

また、6位「あおと」、8位「かいと」、10位「ゆうと」など、近年男の子の名づけでトレンドの「〇〇と」とよむ「と止めネーム」がTOP10中6つランクインした。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます