• TOP
  • ビジネスマナー
  • 実施するなら3泊以上!20〜30代の約7割が「ワーケーションしてみたい」

実施するなら3泊以上!20〜30代の約7割が「ワーケーションしてみたい」(2020.10.19)

BIGLOBEニューノーマルの働き方ワーケーション

BIGLOBEは、全国の20代~50代の男女1,500人(20代~50代の社会人1,200人、20代の学生300人)を対象にニューノーマルの働き方に関する調査」を実施。ワーケーションなどに関する回答結果とデータ分析を併せて公開した。

ワーケーション希望は6割、20代と30代では約7割

全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「新しい働き方として政府が提唱するワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、全体では「そう思う」(23.7%)、「ややそう思う」(35.3%)と回答があった。

若い世代はワーケーションへの関心が高く、「そう思う」「ややそう思う」を合わせると、20代(65.3%)、30代(68.4%)という結果に。40代(55.6%)、50代(46.7%)を上回っていた。

BIGLOBEニューノーマルの働き方ワーケーション

 

ワーケーションの普及には「会社の制度化が重要」

全国の20代から50代の社会人の男女1,200人に「どのような条件が整えばワーケーションをしてみたいと思うか」を質問すると、「会社がワーケーションを推奨する(制度が整う)」(43.5%)、「有給休暇を使わず通常勤務扱いになる」(39%)、「会社の費用負担がある」(39%)が上位に。

今後、ワーケーションの普及に向けて、企業におけるワーケーション制度の整備が期待されるようだ。

BIGLOBEニューノーマルの働き方ワーケーション

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます