あなたは何cm?みんなが考える〝薄毛の境界線〟は眉上7cmだった(2020.10.23)

アンファー頭髪事情に関する全国調査

アンファーは47都道府県各100人、計4,700人(男女比50:50、20歳代~60歳代各10人)を対象に、頭髪事情に関する全国調査を2014年より実施しており、先日2020年度の結果を発表した。

2020年版の「薄毛の境界線」は7cm!

アンファー頭髪事情に関する全国調査

「薄毛の基準はおでこの広さ何cmからだと思いますか?」という質問で、上記イラストを見せながら眉毛の上から生え際まで4cm~8cmの範囲で薄毛であると感じるおでこの広さ(cm)を4,700名に回答してもらったところ、「4cm」や「5cm」で薄毛であると回答した人は16%、薄毛と感じるのは「7cm」と回答した人が40%と最も多い結果に。

ただ、年齢が下がるほど薄毛ラインが厳しくなり、20代は「6cm」が39%と「7cm」の35%よりも多い数値になった。

薄毛の境界線(年代別割合)

アンファー頭髪事情に関する全国調査

薄毛に厳しい県は栃木県、寛容な県は秋田県

この調査は、47都道府県で実施しており、全国平均の7cmよりも薄毛ラインが厳しいとされる4~6cmを選んだ人数の合計値が最も多い県を、薄毛に厳しい県No.1とし、最も少ない県を薄毛に寛容な県とした。

その結果、栃木県が4~6cmの合計が60名と最も薄毛に厳しい県になり、4~6cmの合計が40名の秋田県が最も薄毛に寛容な県になった。

薄毛に厳しい都道府県ベスト3

アンファー頭髪事情に関する全国調査

薄毛に寛容な都道府県ベスト3

sub2

関連情報
https://www.angfa.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます