• TOP
  • モテ講座
  • 世界基準でみる「美しい男」の条件とは? ブラジル・トルコ・オーストラリア編

世界基準でみる「美しい男」の条件とは? ブラジル・トルコ・オーストラリア編(2016.02.07)

前回もご紹介した世界で1400万回再生されているイケメン動画

前回、各国における理想の美しい男性像についてまとめられた「Men’s Standards Of Beauty Around The World」と題されたこちらの動画から「アメリカ」「イタリア」「韓国」の美しい男性像を抜粋してご紹介した。その後、他の国についても知りたいという声があったため、急遽4回に分けて12カ国全ての理想の美しい男性像について独自の解説を加えながらご紹介しようと思う。今回は「ブラジル」「トルコ」「オーストラリア」についてお送りしていこう。
前回の「アメリカ」「イタリア」「韓国」における理想の美しい男性像についてはこちら

情熱の国ブラジル

スクリーンショット 2016-02-05 13.34.20

ネイマールやロドリゴ・サントロなど、ブラジルで人気のスポーツ選手や俳優を見てみると、男らしさの中に溶け込むような色気が存在していて非常にセクシーなのが特徴だ。ヨーロッパ系の顔立ちに「日焼け」という組み合わせが“ブラジル美”のひとつとされており、国民の約43%がMixed-Race(混血)という多様性を持つ社会ならではの様々な概念の化学変化を経た美のあり方とも言える。

美容面はというと、グルーミングやメンズスキンケアの市場が近年急成長を遂げており、美容整形の施術も一般的になったとのこと。しかもブラジルのメンズスキンケア市場は若者だけのものではなく、迫る高齢化社会に向けてシニア層向けのメンズコスメの開発も多いに進んでいる様子。ブラジルがメンズスキンケア先進国であることは間違いないだろう。
そして、やはりブラジルでも「男の魅力は筋肉」と大半のブラジル人がアンケートに回答している。

東洋と西洋の境トルコ

スクリーンショット 2016-02-05 13.34.50

近年トルコで放映されている連続ドラマは、西洋の華やかさとイスラムの伝統的な部分が融合され、アラブ界隈で絶大な人気を博しているとのこと。その主人公像は「伝統的な男らしさを持つ男性」から「ロマンチックかつ繊細にリードしてくれる男性」に変わりつつあるそうだ。トルコで「美しい」とされる理想の男性像は男性主体で決まるというよりも、トルコ女性の理想像に合わせて変遷しているように思う。

というのも、とある科学雑誌の調査で「トルコの女性は胸毛のない男性が好き」という研究結果が発表された後、トルコの男性の間で体毛を脱毛するのが人気になったのだ。トルコの男性は体毛が濃く、とりわけ胸毛は男らしさの象徴ばりに記憶していたが、ふたを開けてみればその男の勲章をライトに脱毛。中東のメンズスキンケア事情は全体の売り上げの1%にも満たない程度だが、トルコの女性が「肌の綺麗な男性が好き!」と言い出したら、瞬く間にメンズスキンケアが流行りだす気がしてならない。

自然と文化が交差するオーストラリア

スクリーンショット 2016-02-05 13.35.27

さて、6カ国目はオーストラリアだ。オーストラリアの男性といえば大らかでナチュラル、先日ご紹介したアメリカ人女性に人気の「Lumbersexual(日本風に言い換えると木こり風ナチュラル筋肉セクシー)」を地でいくイメージがあるが、様々な調査ではイメージチェンジをするなら「より大きく、筋肉質で、引き締まっている体」を望む傾向があるようだ(細かく言うと、身長180cm、体重85kgが理想の数値という調査結果も)。そして「Lumbersexual」という時代の追い風もあり、2013年の旅行系サイトでは「世界で最も一番セクシーなのはオーストラリア人男性」という調査結果も報告されている。

個人的には意外なのだがオーストラリアでも整形手術は盛んのようで、鼻、まぶたのリフトアップ、フェイスリフト、脂肪吸引というメジャーな施術から、耳の形を変えるという手術、果ては男性器を大きくする手術(!)が人気だそうだ。


さて、自分が目指す「理想の男性像」が徐々に見えてきた頃だろうか?次回は男らしさに対する独特のこだわりや、歴史の変遷が「男らしさ」に影響を与えた「南アフリカ」「イギリス」「フィリピン」の理想の美しい男性像についてお届けしようと思う。

文・RYO KANAZAWA

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます