飲酒の頻度と飲酒後の行動が薄毛を誘発する要因のひとつだった!?(2020.11.16)

ソーシャルテック飲酒と薄毛に関する調査

飲酒は薄毛の原因になるという都市伝説的な話題を一度はどこかで見聞きしたことはないだろうか。ソーシャルテックは20代〜50代のビジネスマンを対象に、飲酒と薄毛に関する調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

お酒を飲む回数が薄毛に関係している?

ソーシャルテック飲酒と薄毛に関する調査

まず、「いつもどのくらいの頻度でお酒を飲みますか?」と質問したところ、薄毛の人は『週2日以上(71.9%)』『週1日(14.0%)』と回答し、薄毛ではない人は『週2日以上(58.3%)』『時々飲む(14.7%)』と回答した。

薄毛の人と薄毛ではない人を比べてみると、お酒を飲む頻度に違いがみられる。飲酒は薄毛の原因になるという都市伝説的な話は、実は飲酒の頻度が関係しているかもしれない。続いて、薄毛の人と薄毛ではない人の、家での晩酌に注目してみたいと思う。

ソーシャルテック飲酒と薄毛に関する調査

「家でも晩酌しますか?」と質問したところ、薄毛の人の半数以上は『毎日する(32.2%)』『よくする(22.6%)』と回答したのに対し、薄毛ではない人は『毎日する(29.3%)』『よくする(13.7%)』という回答は半数未満という結果となった。薄毛の方は家での晩酌を頻繁に行っているようだ。

この結果から、お酒の頻度が薄毛の原因になっている可能性が少なからずあることが判明した。飲酒が薄毛の原因になるという都市伝説的話は、事実だったのかもしれない。

お酒を飲んだ後の行動が薄毛の原因に?

続いて、お酒を飲んだ後の行動に注目していきたいと思う。

ソーシャルテック飲酒と薄毛に関する調査

そこで、「お酒の締めでよく食べるものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、薄毛の人は『ラーメン(40.5%)』と回答した割合が最も多かったのに対し、薄毛ではない人は『食べない(44.8%)』という回答が多い結果に。

薄毛の人は締めにラーメンを食べ、薄毛ではない人は締めに何も食べないようだ。

前回の調査で、ラーメンが薄毛の原因になる可能性があると判明したことから、この結果は見逃すことができないかもしれない。

ここまでの調査で、飲酒が薄毛の原因になっている可能性があると判明している。時にはお酒を飲んだ後、締めのラーメンを食べたくなる気持ちをグッと抑える勇気も必要なようだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます