• TOP
  • スキンケア
  • 女性は男性の〝二の腕や尻のブツブツ〟を気にしている!

女性は男性の〝二の腕や尻のブツブツ〟を気にしている!(2020.12.15)

女性が本能的に惹かれるのは〝肌触りのいい男〟

男性は自分の体型のフォルムばかり気にしているが、じつは女性にとって男性の肌質というのは、とても重要なファクターである。

細マッチョを目指す男性には信じられない話かもしれないが、「ちょっとポッチャリめで色白の男性って、じつは人気あるよね~」という会話が、女性同士で密かに行われているのだ(筆者調べ)。

その理由は、肌が触れ合う関係になったとき、とても心地いいから。男性が女性の肌触りを重視しているように、女性にとっても肌触りのいい男性はポイントが高いといえよう。

「じゃあ、モテの極意はボディケアなのか!」と思われるかもしれないが、二の腕や背中、尻のブツブツをセルフケアするには限界がある。

なめらかにしようとゴシゴシ洗いをしてしまうと、逆に肌がダメージを受けて荒れてしまうし。そもそも、これらの皮膚のブツブツは、物理的に擦ってもなめらかにすることは難しいから……。

そこで紹介したいのが、美容皮膚科タカミクリニックで今年の秋に施術がスタートした、新しい『毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療』である。

セルフケアでは治りにくい二の腕や尻のブツブツ

美容皮膚科タカミクリニックの山屋雅美先生に、新しい毛孔性苔癬治療について解説していただいた。

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

山屋先生「二の腕の皮膚にできる小さなブツブツとした丘疹(きゅうしん=直径1cm以下の皮膚の隆起。発疹の分類のひとつ)である毛孔性苔癬。

これは、10代の30~40%が発症する一般的な皮膚疾患です。年齢とともに治る傾向がある一方、40代、50代になっても治らない方も。

多くの市販薬やスキンケアアイテムがありますが、毛孔性苔癬はセルフケアでは治りにくいのです。また、過剰なケアによって悪化してしまうケースもあるため、当院にて治療を希望される方が年々増加傾向に。

今年5~8月に治療希望された方は、前年と比べて約2.8倍増加していることからも、多くの方が抱える肌悩みであることがわかりました」

毛孔性苔癬はなぜできるのか?

山屋先生「毛穴に古い角質が詰まり、部分的に皮膚が肥厚して硬く盛り上がる皮膚疾患です。触るとブツブツ、ザラザラし、赤みや茶褐色の色素沈着が生じる場合も。

痛みなどの自覚症状はほとんどなく、放置していても健康上に大きな問題はありません。

発疹の大きさは、およそ1~3mmで、二の腕、背中、ヒップ、太ももにみられます。発症原因は遺伝の他に、ホルモンやビタミンの代謝異常、外的刺激など、複数の要因が考えられます」

『ダーマペン4』×『ピーリング』のWケアでブツブツを解消

今秋からスタートした新しい毛孔性苔癬治療とはどんな施術なのか?

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

山屋先生「真皮から皮膚を再生させる『ダーマペン4』というマシンと、角質の溶解・剥離作用とコラーゲン活性の相乗効果を持つピーリング剤『ミラノ・リピール』を組み合わせた施術です。皮膚の深くから表層まで生まれ変わりをもたらし、毛孔性苔癬を改善していきます。

1回の治療でもブツブツした丘疹の減少を感じることが可能に。さらに、3~4週に1回のペースで、4~5回治療することにより、目に見える変化や皮膚がスベスベでなめらかになっていうのを実感できます」

皮膚そのものを“新しい肌”に入れ替えるダーマペン4

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

山屋先生「ダーマペン4は、先端についている髪の毛よりも細い極細針で、皮膚表面に肉眼では見えないほどの微細な穴を一時的につくる『マイクロニードリング法』と呼ばれる施術です。

傷を修復する治癒能力と同じ作用により、元々の皮膚の新陳代謝を促し、肌が生まれ変わらせることができるのです」

(1)マイクロホールを開ける

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

ダーマペン4を皮膚に当て、皮膚表面に微細な穴を一時的に開ける。

(2)コラーゲン生成

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

傷を治そうと自然治癒が働き、線維芽細胞が活発になり、コラーゲン生成を促進する。

(3)皮膚再生

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

皮膚を生まれ変わらせ、毛孔性苔癬を改善すると同時に、ハリと弾力をもたらす。

ターンオーバー促進とコラーゲン活性を兼ね備えるミラノ・リピール

毛孔性苔癬ダーマペン4ミラノ・リピール

山屋先生「毛孔性苔癬治療では、皮膚再生に優れたTCA(トリクロロ酢酸)をはじめとする5種の酸(ラクトビオン酸、サリチル酸、タルトル酸、クエン酸)に加え、コラーゲン活性を促す豊富な有効成分が配合されたピーリング剤『ミラノ・リピール』を使用します。

TCA(トリクロロ酢酸)は皮膚再生効果に優れているものの、施術時の痛みや赤みが激しく、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)もあるため、敬遠されがちな施術でした。

毛孔性苔癬治療で使用するミラノ・リピールでは、国際特許技術によって開発された製法を用いることで、50%という高濃度でありながら、痛みや赤みなどのダウンタイムを抑えつつ、皮膚に優しく効果的に浸透させることが可能になりました」

山屋雅美(やまや・まさみ)先生

22山屋医師

美容皮膚科医。2004年 埼玉医科大学卒業。卒業後、東邦大学医療センター大橋病院皮膚科にて従事し、三井記念病院皮膚科、都内美容皮膚科にて勤務したのち、2011年よりタカミクリニックに勤務。得意な治療分野は、たるみ治療(スレッドリフト)、シミ治療(レーザー)、肌質改善治療、小手術(ホクロ、皮膚腫瘍)、ニキビ治療、一般皮膚科(アトピー性皮膚炎など)。

【施術詳細】

施術名称:毛孔性苔癬治療
施術部位:二の腕/背中上部/お尻/その他部位(20×20cm以内)
施術時間 各約30分
施術料金/初回限定価格 1回 各38,500円〈税込〉
通常1回 各60,500円〈税込〉
3回コース(1年間有効)各148,500円〈税込〉
初診料:3,300円〈税込〉
再診療:1,100円〈税込〉

関連情報
https://takamiclinic.or.jp/

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます