• TOP
  • フレグランス
  • クラシックな薬局をコンセプトとする「GLAD HAND APOTHECARY」からオーガニック処方のフレグランスなどが登場

クラシックな薬局をコンセプトとする「GLAD HAND APOTHECARY」からオーガニック処方のフレグランスなどが登場(2020.12.24)

GLAD HAND APOTHECARY

クラシックな薬局をコンセプトとして展開中のライフスタイルブランド「GLAD HAND APOTHECARY」は、原宿ヘッドショップにて先行発売されたハンドジェルに続き、香水、ディフューザー、サシェなどメインラインアップも全国のGLAD HAND取扱店で発売を開始した。※ルームミストは2021年1月中旬発売予定。

sub1

商品概要

PARFUM

2種類の香りで展開されるオーガニック処方の香水。ピュアなエッセンシャルオイルと芳香蒸留水を数種ミックス、アルコールは肌を傷めず優しく香る有機サトウキビより抽出されたオーガニックアルコールを配合。

香水の賦香率と格式において最高ランクに位置するパルファムでの展開。天然由来成分などで表現された奥行ある香りで、優しく寄り添い魅力を引き立てる。

GLAD HAND APOTHECARY

PARFUM (100ml)14,000円+税

GLAD HAND APOTHECARY

PARFUM ROLL-ON (10ml)6,900円+税

PARFUMの2種類用意されている香りは次のとおり。

JIVE TIME
1930年代マンハッタンのナイトクラブで人気を博し、個性的な歌声で世界中を虜にしたジャズシンガーの華やかで気品あふれる色気をイメージして調香。

爽やかなシトラス、ペッパーとグリーンフローラルが花開き華麗に踊りだすような躍動感を表現した。ホワイトフローラルと乳香がエレガントにたちあがり、アンバーウッディーの色気ある香りが華やかに演出。

(NOTE)
トップ:レモン、ゼラニウム、クペペ、ユーカリ
ミドル:ラベンダー、ネロリ、セダーウッド、オリバナム(乳香)、パチュリ、ホワイトローズ
ラスト:サンダルウッド、ムスク、ベチパー、アンバー

MOJO MUSK
1940年代ミシシッピ州からやってきてシカゴで偉大な軌跡を残したブルースマン、その自信あふれる妖しくも呪術的な魅力をイメージして調香した。

妖しく香りたつビターオレンジとラベンダー。スパイシーな刺激と共にアーシーで野性的な香りとバニラが混ざり合う。エキゾチックなサンダルウッドと甘く官能的なムスクの香りが秘めた大人の魅力を神秘的に演出する。

(NOTE)
トップ:シナモン、ユーカリ、ビターオレンジ
ミドル:ベチパー、ラベンダー、パチュリ、ガイアックウッド、クローブ、バニラ
ラスト:キャロットシード、サンダルウッド、アンバー、トンカ、ムスク

さらに、ディフューザー、ルームミスト、サシェで展開される「No.1924」と名付けられた香りは“過ぎ去る時の流れに刻まれた追憶”をテーマに、繁栄を迎えた1920年代ニューヨークの郊外で豊かに暮らす家族の思い出の日々をイメージして調香。

シトラスフローラルからの心落ち着くクラリセージとドライハーブが融合、ウッディーな香りにハーバルフローラルが配合されたフゼアが日常に寄り添い毎日の生活を華やかに包み込む。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます