• TOP
  • スキンケア
  • なぜ冬は体がかゆくなってしまうのか? 肌なじみのいいボディオイルで男前なツヤ肌に

なぜ冬は体がかゆくなってしまうのか? 肌なじみのいいボディオイルで男前なツヤ肌に(2021.01.16)

乾燥肌かゆみボディオイルザボディショップ

なぜ冬は体がかゆくなってしまうのか?

気温や湿度が下がると、体がかゆくなってしまう人が増加する。

かゆいのでボリボリ掻いたり、汚れや落ちていないからだと思いこみ、入浴時にゴシゴシ洗いをしてしまう人も。すると、さらにかゆみが増し、掻きむしるという“かゆみスパイラル”に陥ってしまうのだ。

そもそも、なぜ冬は体がかゆくなるのか? 筆者が皮膚科医に教わってきたことを公開していこう。

皮膚科医「汗や汚れを放置すると、かゆみの原因になります。汗のpHは時間とともに上昇するため、汗の放置は皮膚の感染防御やバリア機能を損なわせる可能性が。

汗はお湯だけでも落とせるので、お風呂やシャワーでしっかりと流しましょう。

さらに、皮膚が乾燥すると、かゆみ閾値(いきち=ある反応を起こさせる最低の刺激量)が低下します。

これは、末梢の神経増殖因子の増加、神経反発因子の低下により、表皮に末梢の神経線維が伸展(=伸び広がる)することが一因と考えられています」

入浴後を含めた保湿剤や加湿器の使用が効果的

皮膚科医「つまり、乾燥すると末梢神経が皮膚表面近くまで伸びてくるので、刺激を感じやすくなり、かゆみを引き起こしてしまう、ということ。

ですから、皮膚の乾燥を防ぐためにスキンケアはとても重要。保湿剤の使用に加え、入浴時にはボディソープの使い過ぎやナイロンタオルの使用を避け、過度の擦り洗いを控えてください。

また、皮膚温が上昇すると、かゆみ閾値が低下するため、お風呂の温度を低めに設定することが望ましいです。

特に冬季は皮膚が乾燥しやすいため、入浴後を含めた保湿剤や加湿器の使用が効果的です」

と、皮膚科医は指摘する

だが、顔は保湿する男性でも、ボディも保湿するという人は、まだ少ないかもしれない。その理由は、面倒臭かったり、ベタつきが気になったりするからだろう。

そこで紹介したいのが、スプレー式のボディオイルである。これを使うと「オイルはベタつく」という概念が払拭されるであろう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます