副業者の理想の働き方は「副業維持」「独立志向」の2極化へ(2021.02.11)

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

副業からフリーランス、独立起業へのコンサルティングを行なうマーケティングフルサポートは、去る2 月9 日の「副業の日」に合わせて、様々な副業を実践している人を対象に「副業者の実態調査」を実施。回答結果をグラフ化して公開した。

副業を始めた理由

1位はコロナ前・後 共に「収入を増やすため」という結果に。2位はコロナ前「やりたいことをやるため」であったが、コロナ後は「本業の収入減」と切実な現実が見て取れる。

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

副業者の「理想の働き方」は2極化傾向

副業継続志向の人(57.8%)は「現在の本業を維持しながら副業も続ける」「転職などでいずれは本業を変えながら副業を続ける」と副業はあくまで補助的なものと捉えていた。

一方、独立傾向が強い人(25.1%)は「副業を伸ばしてフリーランスになる(個人事業主)」「副業を伸ばして起業する(会社設立)」と考えており、副業者の働き方は今後2極化していきそうだ。

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

独立志向が高い職種

では独立志向が高い職種 (「副業を伸ばしてフリーランスになる<個人事業主>」「副業を伸ばして起業する<会社設立)>)はどのようなものがあるのか聞いてみたところ、1位はコーチング系の副業があげられた。

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

独立志向の高い「コーチング系副業」の特徴

コーチング系副業とは、コーチングのスキルを用いてクライアントの課題や悩みを解決に導くサービスを提供している副業です。ビジネス向けのコーチングのほか、スポーツ、婚活、恋愛、子育て、など様々なジャンルに渡る。

副業に期待する年収と実際の収入を質問したところ、理想年収は「100 万円~300 万円」51.8%に対し、現実年収は「10 万円未満」56.8%という結果に。

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

最後に副業に抱いている「不満」を抱いている理由を質問したところ、以下のような回答が得られた。
・フリーランスとして独立するための十分な集客ができていないから。(30 代男性)
・思うように集客ができず、収入が低く、安定しない。(30 代女性)
・もっと大きく稼いで雇用やビジネスパートナーを作るような展開にしたい(30 代女性)

マーケティングフルサポート副業者の実態調査副業の日

調査概要
調査時期:2021 年1 月18 日~1 月24 日
調査対象:マーケティングフルサポートのメールマガジン登録者、ウェブサイト訪問者
調査方法:弊社主催のオンラインアンケート調査
有効回答数:211 人

関連情報
https://marketing-full-support.co.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます