• TOP
  • ヘルスケア
  • 新たな国民病になるかも!?「スマホ老眼」が若者に急増中!

新たな国民病になるかも!?「スマホ老眼」が若者に急増中!(2016.03.06)

朝起きてスマホ、通勤でスマホ、仕事でPC、休憩中にはスマホと現代に生きるビジネスマン達の目に休む暇はない。そんな過酷な状況からか、近年、新たな種類の老眼が若者の間で広がっているというので詳しく見てい着たいと思う。

8f46bf7095eb102602979744fb887bd1_s

株式会社ヒメル(以下ヒメル)はすスマホ老眼対策に新サービスの「視力再生トレーニング」『Dr.Eye』を開始した。

視力再生トレーニングとは
眼筋のこわばりをほぐし、目と心をリラックスさせることに着目して開発された特殊な機器(特許出願中)を使用して、直接的・効果的に表情筋と外眼筋、毛様体の筋肉に作用させ筋緊張状態を緩和し、目のピント調整の筋肉の凝りを取り除いていく。リラックスした状態を作りだすことで「眼疲労」と「眼精疲労」の症状を和らげる。「眼疲労」や「眼精疲労」の症状が和らいでくると肩こりや頭痛も解消されるそうだ。

スマホ老眼とは
d1
パソコンよりもスマートフォンの方が、一般的に目との距離が短いことが大きな要因だ。長時間、近い距離で画面を見続けていると、常に近くにピントを合わせ続けていることになり、毛様体が緊張しっぱなしのため疲労してしまう。毛様体の筋力が低下すると、水晶体を厚くすることができなくなるため、おのずとピントが合いづらくなる。これは、パソコンの長時間使用にも言えることだ。

d2

パソコンは「50分作業したら10分休むようにといわれているが、仕事中にパソコンを使う方は、休憩時間になるとスマートフォンを使うことが多くみられる。仕事でパソコン→休憩中にスマートフォン→帰宅や移動中にスマートフォン→家でもパソコン・スマートフォン→寝る直前までスマートフォン…など、利用目的は様々だが、ほぼ一日の大半、エンドレスに目を酷使している人がとても多いため、慢性的な眼精疲労から、スマホ老眼の症状が増えているといわれている。

総務省の統計によると、「全年代のスマートフォンの利用率」は平成24年の32.0%から、平成25年は52.8%になり、平成26年は62.3%と伸び続け、スマートフォンの利用者はフィーチャーフォン(携帯電話)の利用者を逆転した。また「端末別インターネット利用率」も、平成25年の時点でパソコンや従来型の携帯電話によるネット利用者は減少しており、スマホ・タブレット型端末によるネット利用者は急増しているのだ。

年代別のスマホ利用率
d3
特に平成26年には、20代の利用率は9割以上、10代と30代も約8割の利用者となり、今後も増える見込みから、若者のスマホ老眼が国民病になるともいわれている。「老眼なんて、まだ自分には関係ない…」と思いがちだが、日常的にスマートフォンを使っているならば、思い当たる症状があるかもしれない。

スマホ老眼の症状
· 遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけて見える
· 小さい文字は、少し遠くに離すと見えやすくなる
· 画面から目を離すと、遠くがぼやっとする
· 薄暗いと見えにくい
· 目の疲れ、かすみ、充血
· 夕方になるとピントが合いにくくなる
これらは、目の筋肉疲労が限界に達することで起こります。特に夕方になると老眼のような症状になることから「夕方老眼」ともいわれている。

通常の「老眼」は加齢による機能低下が原因
目は近くを見る時は筋肉にぎゅっと力を入れて、水晶体という目の中のレンズを厚くして近くにピントを合わせる。若いころは水晶体が柔らかいのでこれが簡単にできますが、加齢とともに水晶体が硬くなり、より力が必要になるのだ。それを長時間強いていると、筋肉が固まって元に戻りにくくなってしまう。このような、加齢によって起こるはずの老眼と似た現象が、今子どもから若い人にも起きているのだ。
d4

視力再生トレーングを受けた方の声
・仕事でPCとスマホをよく使うので、目が疲れていた。トレーニングを受けたところ目の疲れもなくなり、夕方になると見えにくくなっていたものが見やすくなった「50代男性」
・肩こりがひどく整体でも良くならなかったが視力再生トレーニングを受けたら肩まわりが軽くなった「40代男性」
・夕方になるとPCの画面の文字が見えにくくなってしまい困っていたが、トレーニングを受け始めたら夕方になっても文字が見やすくなった「40代女性」
・週末になると目がショボショボしてスマホの画面が見えにくかったが、トレーニングを受けてからショボショボすることがなくなり、スマホの画面も見やすくなった。「20代男性」
・眼鏡が合わないのか目がつかれるようになってきた。トレーニングを受けてみたら眼鏡を作った時と同じくらいよく見えるようになった。続けてトレーニングをしていたら眼鏡を使わなくても良いようになった「20代女性」
・一日PCで入力作業していると、夕方にかけて急に見えにくくなっていた。
ひどい時は頭痛や肩こりもあったが、トレーニングを受けてからは見えにくいということはなくなった。
頭痛や肩こりもならなくなった。「20代女性」
・移動中もスマホでメールの確認をしているせいか、夕方から夜にかけて見えないことが多くなってきた。しかも頭痛や肩こりもひどく悩んでいたが、トレーニングを受けたら目の疲れだけじゃなく、頭痛や肩こりも軽くなった。
仕事上スマホをやめることは出来ないから継続して通うようにしてケアしてます。(30代男性)

公式HP http://himel.jp

【視力再生トレーニング『Dr.Eye』サービスに関するお問合せ先】
株式会社ヒメル
himel Karada Labo
TEL/FAX 03-6435-4878

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます