1万人に調査!最も人気だったのは「セブン-イレブン」のコンビニスイーツ(2021.02.25)

コンビニスイーツ調査
画像はイメージです

インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは、8回目となる『コンビニスイーツ』に関するインターネット調査を2020年5月1日~5日に実施。10,254件の回答を集めた集計結果とデータ分析を併せて公開した。

※本調査のコンビニスイーツはコンビニエンスストアの冷蔵コーナーにあるスイーツが対象、常温の菓子やアイスクリームは除く。

コンビニスイーツを買う頻度

コンビニエンスストアの冷蔵コーナーにあるスイーツ(以下、コンビニスイーツ)を買う人は6割。月1回以上の購入者は約35%、コンビニスイーツ購入者の6割弱となっていた。

コンビニスイーツ調査

コンビニスイーツで購入するもの

コンビニスイーツで購入するものは(複数回答)、「シュークリーム、エクレア」「ロールケーキ」「プリン、パンナコッタ」が3~4割、「チーズケーキ」「ヨーグルト」「大福、おはぎ、草餅、桜餅、柏餅など」が2割前後となっている。

過去調査と比べて、「シュークリーム、エクレア」は増加傾向がみられた。

コンビニスイーツの購入場面

コンビニスイーツの購入場面は(複数回答)、「甘いものが食べたいとき」が購入者の74.5%、「食後のデザートとして」「店頭でおいしそうな商品を見かけたとき」が各3割弱、「小腹が空いたとき」「コンビニに立ち寄ったついでに」「気分転換やストレス解消をしたいとき」「くつろぎたいとき」が各20%台という結果に。

コンビニスイーツの購入理由

コンビニスイーツの購入理由は(複数回答)、「いつでも買える」が購入者の48.2%、「おいしい・おいしそう」が42.3%、「価格が手頃」「立地がよい・行きやすい」が各3割弱であった。

60・70代では、「少量でも買いやすい」「立地がよい・行きやすい」が他の層より高くなっている。

コンビニスイーツの購入上限額

1回あたり、コンビニスイーツにいくらまでかけていいかを聞いたところ、「150円~200円未満」「250円~300円未満」がボリュームゾーンとなっているよう。

200円未満を合わせると購入者の約35%、2014年以降減少傾向が見られた。一方、「250円~300円未満」は微増。購入価格帯がやや上がっていることがうかがえる。

コンビニスイーツ調査

コンビニスイーツが好きなコンビニエンスストア

コンビニスイーツ購入者に、どのコンビニエンスストアのコンビニスイーツが最も好きかを聞いたところ、「セブン‐イレブン」が39.4%、「ローソン」が34.1%という結果に。2018年調査と比べて、「ローソン」は増加していた。

コンビニスイーツ調査

回答者のコメント
気に入っているコンビニスイーツ、気に入っている理由 (全2,566件)

・セブン-イレブンのもこシリーズ(シュークリーム)。(男性22歳)
・プリンが好きで、気に入っているというより目新しい味のものがあると買ってしまう。(男性38歳)
・手頃な値段で多数の種類もありまた最近のコンビニフルーツはこだわりがあって新商品を試したくなる。(男性48歳)
・常に新製品が提供され、丁度良い量と金額で負担を感じない。買いやすく、お弁当等の買い物のついでに家族から頼まれることが多い。洋菓子から和菓子まで有り、今後の楽しみを感じる。(男性67歳)
・ローソンのクリームブリュレプリン。甘さが強く、疲れた時のご褒美にピッタリだから。(女性27歳)
・ファミリーマートのシュークリーム。たべごたえがある。(女性37歳)
・ミカンの入った牛乳寒天。甘いけど、ヘルシーな気がするので。(女性43歳)
・井村屋のホワイト生チョコもち、キャラメルソースに冷たいお餅がピッタリ。(女性59歳)

調査概要
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2020年05月01日~05月05日
回答者数:10,254名
調査機関:マイボイスコム株式会社

関連情報
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=26208

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます