すき焼きは要注意!鍋料理には「太る鍋」「太りにくい鍋」がある(2021.02.26)

現在、10の都府県に発令されている新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が来月7日に期限を迎える。

一方、政府は7日を前に関西3府県や中京2県で解除が可能か検討に入ったと伝えられているが、解除後も飲食店の時短営業要請は継続されるという。

解除の対象外とされる東京都を含めて当面の間、飲食店利用には注意が必要になりそうだ。

というわけで、例年であれば間もなくシーズン終了とされる鍋も、今季はもう少し食卓を賑わせるのではないか。

いわゆる在宅時間が増える中、野菜をたっぷり摂ることができるほか、魚・肉・豆腐などのタンパク源もバランス良くヘルシーに食べられるメニューでもあるからだ。

体が温まるので、血行促進や代謝アップにも有効と考えられている。

しかし、鍋料理であれば、すべてOKというわけではない。

健康美容情報サイトのマイクロダイエットでは、そんな鍋に関する情報を公開している。改めて、その概要をみていこう。

ダイエット中でもおすすめの鍋

鍋料理太る鍋太りにくい鍋

◎寄せ鍋

鍋の中でもベーシックな寄せ鍋は、白菜、春菊、ねぎ、きのこ類、肉、魚介類、豆腐と、たっぷりの野菜に加え数種類のタンパク源が入るので非常にバランスが良く、栄養面では言うことなし。しかもスープは出汁と醤油、塩がベースとなっており、それ自体が極めて低カロリー。

寄せ鍋のつけだれとして使われるポン酢は意外と塩分が高いが、野菜やきのこ類には体内の塩分濃度を調整する作用を持つカリウムが豊富に含まれているので、それほど気にする必要はないだろう。

◎湯豆腐

どの鍋よりも低カロリーなのが湯豆腐。忘年会や新年会で胃腸が疲れているときや、体重が増えてしまったときにおすすめ。豆腐がメインになるので野菜が不足しないよう、春菊やねぎをたっぷり入れたい。

重曹を小さじ1杯ほど入れると、とろとろの豆腐に変身するので食感が変わり、飽きずに食べられる。

鍋料理太る鍋太りにくい鍋湯豆腐

◎しゃぶしゃぶ

牛肉、豚肉のどちらでも、ダイエット中に不足しがちなタンパク質や鉄をしっかり補給することができる。しかも余計な油を落として食べることができるので、同じ肉でも焼肉よりもヘルシー。

最初にたっぷりの野菜を食べてから、肉へと移りたい。高カロリーなごまだれよりも、ポン酢を中心に食べるのがおすすめ。

◎豆乳鍋

女性に人気のミルキーな豆乳鍋。市販の商品では、ごまの入った濃厚なタイプが人気だ。具材は寄せ鍋とほぼ同じだが、スープのカロリーが若干高い。

だが、それ以上に美容に有効な栄養素がたっぷりな点に注目したい。

エイジングに欠かせないビタミンEや、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン、成人病ケアが期待されているレシチン、サポニンなども含まれているからだ。

鍋料理太る鍋太りにくい鍋豆乳鍋

◎トマト鍋

豆乳鍋同様に、女性に人気のトマト鍋。栄養バランスが良く、トマトのリコピンもたっぷり摂取することができる。

リコピンは高い抗酸化作用を持ち体内の酸化を予防し、エイジングケア効果のある栄養素として近年非常に注目されている成分。

またリコピンは加熱しても損なわれることはなく、逆に加熱により体に吸収されやすくなる。

そして脂溶性のため、油脂を一緒に摂ることで吸収率はさらにアップ。具材には肉を入れたり、オリーブオイルを一回ししたりするといいだろう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます