『自毛植毛』は自分の髪を移植して生え変わり続ける自然な増毛法!(2021.03.03)

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

若い女性は“男性のカツラ”を本能的に敬遠しがち!?

筆者が20代の頃、異業種交流会(合コンともいう)を行ったとき、印象に残った出来事があったので、その内容を紹介しよう。

女性は筆者を含め3名、男子も同じく3名という会であった。ある程度打ち解けたところで、男性陣がこんな質問をしてきた。

「付き合っている男性が秘密を打ち明けてきたとします。その秘密が“総入れ歯”と“全カツラ”だったら、どっちがショック?」と。

すると女性陣3名は「カツラ」と即答。女性同士で打ち合せたわけでもないのに。

この回答に男性陣は衝撃を受けたようで「入れ歯よりカツラなんだ……」と、ボソッとつぶやいていたのが印象に残っている。

あれから長い月日が過ぎ去り、今の筆者ならば歯が抜けるほうが体に悪影響を及ぼすことを知っている。それ故、現在同じ質問をされたなら「総入れ歯」だと思うわけ。

しかし、20代女性が男性のカツラを敬遠しがちなのは、健康うんぬんよりも、もっと本能的なものがあるように思えてならない。

では、薄毛に悩む男性はどうすればいいのだろう? AGA治療薬の『プロペシア』や、発毛効果のある外用剤『ミノキシジル』は、効果が出るまで6か月〜1年以上かかるといわれている。

新年度がスタートするこの季節。環境が変わったり、新しい出会いに恵まれる人も多いだろう。新たな出会いの場で大切にしたいのが第一印象! 

そこで、すぐにでも薄毛を見た目的に改善できる『自毛植毛』に関するリポートが届いたので、その内容を読者諸兄と共有していきたい。

生え際の高さが第一印象を左右する

じつは、生え際の高さが第一印象を左右するという事実を認識しておいてほしい。

第一印象は出会った瞬間に決まる。さらに“初頭効果”という心理的な働きによって、最初に形成された印象は非常に残りやすい。また、その印象を払拭するのは難しく、のちの評価に大きな影響を与えるといわれている。

そんな第一印象を大きく左右するのが“髪”である。顔のフレームである髪のフォルム、顔と髪の境目である髪の生え際の位置が、見た目の印象を大きく変えるのだ。

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

上の2つのイラストを見比べてみよう。顔や服装が同じでも、生え際の高さが違うだけで、まったく印象が変わってくる。

適度な広さの額は、知的さや快活さを与えるが、広すぎると顔の余白が増えるため、顔が大きく見えてしまうばかりか、老けた印象を与えてしまうので注意が必要。

いわゆるヘアスタイルをチェンジするだけなら、理髪店や美容室に行けばいい。しかし、それでは生え際の位置を変えることはできない。生え際の位置を変える方法が自毛植毛なのである。

自毛植毛によって生え際が下がると若々しい印象に!

症例1 Before

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

症例1 After

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

症例2 Before

モニター画像㈪

症例2 After

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

第一印象を左右する生え際の位置や額の広さは、生まれつきや遺伝、外的要因などによって個人差があるものだ。

けれど「生え際の位置がもう少し低ければ」とか「額がもう少し狭ければ」とコンプレックスを感じているようであれば、自毛植毛を試してみてはいかがだろう?

髪に悩みを抱える人たちの駆け込み寺となっているトータルヘアサイエンスクリニック・親和クリニック(新宿、大阪、名古屋、福岡の4院)では、年間1,200件以上の植毛手術を行っている。

自毛植毛に特化したこのクリニックでは、独自の研究と開発を重ねた道具、技術によって確立した『MIRAI法』で、高密度でボリューム感のある理想通りの自毛植毛が叶う。

しかも、痛みが少なく、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)が非常に短くなっているのも特長だ。

自毛植毛の『MIRAI法』とは?

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

「Minimum Invasive and Rapid Improvement」の頭文字とったもので、痛みや体への負担、ダウンタイムなどのリクスを最小限に抑えた、メスを入れない高密度自毛植毛法である。

国内最小級の0.63mm~0.65mmのマイクロパンチブレードを使用し、丸い移植ホールを作り、移植株同士を近づけて植えるので、高密度な仕上がりになる。

外科出身医ならではの精密なテクニックで、移植株の細胞を壊さないように採取し、最良の方法で保管。

熟練の医師と複数の看護師によるチーム医療で、素早く一気に植毛を完了させることで、移植したほとんどの株が生着し、生え換わり続ける。

◎基本治療費:200,000円+1株あたり900円

髪を刈り上げない『NC-MIRAI法』もあり

また、植毛元を採取する際に、刈り上げない『NC(ナチュラルカバーリング)‐MIRAI法』もある。

こちらは後頭部をバリカンで刈り上げず、ドナーとなる髪を採取するので、髪型を変えずに植毛することが可能。手間と高度な技術が必要となる施術だ。

◎基本治療費:300,000円+1株あたり2,000円

どちらの施術も自分の髪がしっかり生え、その効果は生涯にわたって続くという。

親和クリニック 総院長 音田正光(おんだ・まさみつ)先生

自毛植毛MIRAI法NC-MIRAI法

平成3年、福島県立医科大学医学部卒業。大学卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に十数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000件超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例に上る。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。得意な自毛植毛手術は、ガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷痕への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。平成26年、親和クリニック新宿開設 院長就任。平成27年、親和クリニック新宿 総院長に就任し現在に至る。

関連情報
https://shinwa-clinic.jp/

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます