• TOP
  • 新商品・イベント
  • 〝梅雨〟や〝冬〟モードを新搭載したパナソニックのハイブリッド式「衣類乾燥除湿機」

〝梅雨〟や〝冬〟モードを新搭載したパナソニックのハイブリッド式「衣類乾燥除湿機」(2021.03.28)

パナソニック衣類乾燥除湿機F-YHUX120

パナソニックはツインルーバーを搭載することにより、洗濯物を詰めて干しても一年中スピーディーにしっかり乾かせるハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機「F-YHUX120」を開発。4月20日より発売を開始する。

商品特徴

ツインルーバー搭載で洗濯物を詰めて干してもしっかり乾燥

洗濯物は「布に含まれる水分が、空気中に蒸発する」ことで乾くが、詰めて干すと洗濯物の間に風が通りにくく、洗濯物の周囲の湿度が下がらず乾くまでに時間が多くかかる。

そこで本製品は左右独立したルーバーを搭載。異なるスピードでスイングし様々な方向に風を届けることで、洗濯物を揺らして広げながら風を送り込み、詰めて干してもスピーディーにしっかり乾燥させる。

また、パナソニックの調べ(※1)では、洗濯物を部屋干しする際にカーテンレールや長押に干す人、室内用の物干し竿に干す人、床置きの前後2段になる物干しに干す人など、様々な干し方をしていることが判明。

多様な干し方に対応するため、この製品は「上下」と「左右」の風向きの組み合わせを設定。これにより効率よく衣類を乾燥させることができるという。

パナソニック衣類乾燥除湿機F-YHUX120

「梅雨」「冬」モードを搭載し、季節や天気(温湿度)に合わせて衣類乾燥

衣類乾燥除湿機を使う人のうち約6割が、季節問わずに一年中使用している。同社独自のハイブリッド方式は、コンプレッサー方式とデシカント方式の2つの除湿方式のバランスを、気温に合わせて自動的に判断して運転することができ、一年中スピーディーな衣類乾燥が可能だ。

さらに一年中より快適な部屋干しをサポートするために、「梅雨」モードと「冬」モードを新たに搭載。「梅雨」モードは衣類乾燥後に自動で部屋を除湿し、衣類への湿気戻りと部屋の湿度上昇を抑える。そして「冬」モードは部屋の湿度に配慮しながら衣類を乾燥させると、同社では説明している。

パナソニック衣類乾燥除湿機F-YHUX120

「ナノイー X」搭載で衣類を除菌※2し、部屋干し臭を抑制※3

部屋干し臭の原因は濡れた生地で繁殖する菌によるものと言われており、部屋干しをする人のうち約4割が部屋干し臭に悩んでいた。※1

今回の新製品では「ナノイー X」を搭載し、部屋干し臭のもととなる菌を除菌し、部屋干し臭もパワフルに抑制することで、肌に触れる衣類を清潔に乾かすことができる。

商品概要

パナソニック衣類乾燥除湿機F-YHUX120

品名/衣類乾燥除湿機
品番/F-YHUX120
メーカー希望小売価格/オープン価格
発売日/4月20日

色/-H(ミスティグレー)
除湿能力(定格除湿能力)/9.0 L/日(50 Hz)、10.0 L/日(60 Hz)※4
除湿能力(最大除湿能力)/11.5 L/日(50 Hz)、12.5 L/日(60 Hz)※5
タンク容量/約3.2 L
外形寸法/約高さ583×幅370×奥行き225mm
質量奥行約13.9 kg

※1:パナソニック調べ(N=71,857)、全国20代~60代男女、2020年7月実施。
※2:(試験機関)(一財)北里環境科学センター(試験方法)6畳の実験室において吹出口から40 cmの位置で、布に付着させた菌数を測定(除菌の方法)「ナノイー」放出と衣類乾燥運転(衣類乾燥・音ひかえめモード)(対象)布に付着させた菌(試験結果)7時間で99%以上抑制 北生発21_0290_2号。
※3:(試験機関)近江オドエアーサービス(株)(試験方法)40~50代の男性3名。新品バスタオルを用いて「風呂上がり後に使用→洗濯脱水→「ナノイー」と衣類乾燥運転」を10回繰り返し。別の新品バスタオルを用いて「風呂上がり後に使用→洗濯脱水→自然乾燥」を10回繰り返し。臭気強度表示法による検証(部屋干し臭抑制の方法)「ナノイー」放出と、衣類乾燥運転(衣類乾燥・速乾モード)(対象)洗濯後の衣類(試験結果)「ナノイー」と衣類乾燥0.81、自然乾燥1.5 第09-0731号。
※4:除湿・強モード時。室温27℃、相対湿度60%を維持したときの1日あたりの除湿量。
※5:衣類乾燥・速乾モード時。室温27℃、相対湿度60%を維持したときの1日あたりの除湿量。

関連情報
https://panasonic.jp/joshitsu/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます