• TOP
  • ヘルスケア
  • 第3次台湾グルメブームの兆し。ミックススパイス“五香粉”の生薬効果で胃腸が健やかになる!?

第3次台湾グルメブームの兆し。ミックススパイス“五香粉”の生薬効果で胃腸が健やかになる!?(2021.04.05)

タピオカの次にくる台湾グルメとは?

台湾グルメルーローハン五香粉

タピオカが流行し、女子高生からミドル世代までをも魅了したのは記憶に新しい。これは第2次台湾グルメブームだといわれている。

では、第1次台湾グルメブームとは? それは、バブル崩壊後の1995年頃、台湾の小皿料理をいろいろ楽しむスタイルが人気となった頃を指す。

そして現在、第3次台湾グルメブームの到来が予想されている。その中でも「また食べたい、今後食べてみたい台湾肉グルメ」のTOP3は、1位:魯肉飯(ルーローハン)、2位:牛肉麺(ニュウロウミェン)、3位:排骨(パイグー)だという調査結果がある。

魯肉飯とは、豚バラ肉を小さく刻むか、そぼろ状にし、甘辛味のタレで味付けしてご飯にかけた料理。牛肉麺は、牛骨や牛肉で出汁をとったスープと、煮込んだ牛肉の麺料理。排骨は、台湾風のトンカツだ

以上、3つの料理に共通しているのは“五香粉”の中にあるスパイスが使われていること。

中国のミックススパイス“五香粉”には生薬効果が期待できる

台湾グルメルーローハン五香粉

五香粉とは、中国語で“ウーシャンフェン”、日本語で“ごこうふん”と呼ばれる中国のミックススパイスである。

配合には地域差があるが、花椒(かしょう)、丁子(ちょうじ=クローブ)、桂皮(けいひ=シナモン)の3種と、八角(はっかく=スターアニス)、フェンネル(ウイキョウ)、陳皮(ちんぴ=みかんの皮)の中から配合されている。

必ずしも5種類のみ配合されているわけではなく、五香粉の五とは、「多い」「複雑」という意味を持つという。

これら五香粉のスパイスは、漢方薬に使われている生薬である。そして、五香粉のほとんどが消化・吸収を助ける働きをする生薬なのだ。

じつは、日本でおなじみの某・粉末タイプの胃腸薬にも、桂皮、丁子、ウイキョウ、陳皮が配合されている。故に、五香粉にも胃腸を健やかに保つ作用が期待できるだろう。

ストレス過多の現在、胃腸の調子を悪くする人が増えている。だからこそ、胃腸にやさしい生薬の入った台湾グルメがキテいるのではなかろうか?

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます