半数の会社員が電子マネーによる給与支払いを希望している?!(2021.04.30)

新年度給与にまつわる実態調査
画像はイメージです

ペーパーロジックは、従業員数100名以上の規模の都内企業で働く20代会社員109名を対象に、新年度給与にまつわる実態調査を実施。先日公開されたリポートより、その主な設問と解答結果を紹介していきたい。

53.2%が会社の給与明細を「電子」で受け取っている

「Q1.あなたは現在、会社の給与明細は紙と電子のどちらでもらっていますか」(n=109)と質問したところ、「電子」が53.2%という回答となった。

ペーパーロジック新年度給与にまつわる実態調査

希望する給与明細の受け取りは紙派40.0%、電子派10.0%

Q1で「紙」と回答した人に、「Q2.あなたは、会社からの給与明細は紙と電子のどちらで受け取りたいですか」(n=20)と質問したところ、「絶対に紙が良い」が10.0%、「できれば紙が良い」が30.0%、「できれば電子が良い」が5.0%、「絶対に電子が良い」が5.0%という回答となった。

ペーパーロジック新年度給与にまつわる実態調査

紙を選ぶ理由は「管理がしやすい」62.5%、「きちんと保管すれば情報漏えいは防げる」50.0%

Q2で「絶対に紙が良い」「できれば紙が良い」と回答した人に、「Q3.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=8)と質問したところ、「管理がしやすい」が62.5%、「きちんと保管すれば情報漏えいは防げる」が50.0%という結果に。

ペーパーロジック新年度給与にまつわる実態調査

電子マネーによる給与支払い、半数の会社員が「導入して欲しい」

「Q6.あなたは、電子マネーによる給与の支払いを自社で導入して欲しいと思いますか」(n=109)と質問したところ、「非常に思う」が22.1%、「少し思う」が28.4%という結果に。

ペーパーロジック新年度給与にまつわる実態調査

給与を電子マネーにして欲しい理由は「給与を引き出す手数料や時間が不要」が最多

Q6で「非常に思う」「少し思う」と回答した方に、「Q7.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=55)と質問したところ、「給与を引き出す手数料や時間がなくなる」が70.9%、「現金やキャッシュカードなどを持ち歩かずにすむ」が54.5%、「環境に合わせて受け取り方が選べるようになる」が45.5%という回答となった。

ペーパーロジック新年度給与にまつわる実態調査

 

調査概要

調査概要:新年度給与にまつわる実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年4月13日~2021年4月14日
有効回答:従業員数100名以上の規模の都内企業で働く、20代会社員109名

関連情報
https://paperlogic.co.jp/news_20210426

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます