• TOP
  • スキンケア
  • 夏のアウトドアは北海道産〝幻の和ハッカ〟ミストでアブ・ブユ・蚊を徹底ガード

夏のアウトドアは北海道産〝幻の和ハッカ〟ミストでアブ・ブユ・蚊を徹底ガード(2021.04.29)

気温の上昇と共に増える虫から肌を守ろう!

感染対策で人混みを避けるため、キャンプやBBQなどアウトドアでのレジャー人気が沸騰している。しかし、人間は避けられても、アウトドアフィールドで虫を避けることはできない。

アウトドアでの虫刺されといえば、アブ、ブユ(※)、蚊が代表的だろう。

※)ブユは、関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれている。本稿では正式名称である『ブユ』表記にて統一する

虫刺されに対して人々が敏感になったのは、2014年8月、ヒトスジシマカによるデング熱の国内感染が69年ぶりに報告されてから。蚊の対策への関心は年々高まっているといえよう。

アブとブユは同じ仲間のように思われることもあるが、固体腫としてはまったく別な生物。アブは2~3cmの体長なのに対し、ブユは2~3mmと小さいのが特徴。

製薬会社の発表によると、アブに咬まれると大人であっても耐えられない痛みが生じるという。咬まれた箇所を確認し、血がにじむようになっていたらアブ、血がたれるようになっていたらブユであろう、と判断できる。

ブユの場合はアブほど痛くなく、かゆみがひどくなって気づくケースも。ブユは集団行動をするので、傷口が複数できやすいという特徴もあり。

今やアウトドアでは虫除け製品は欠かせない。中でも、ハッカは昔から虫が嫌う香りとして知られているのだ。

北海道の素材に着目した虫除けアロマミスト

そこで紹介したいのが、北海道産“幻の和ハッカ”を使用した天然虫除けミストである。

和ハッカ虫除けアロマミスト

森の肌守り。(アウトドアアロマミスト)
左から/お徳用サイズ 203ml 2,640円 レギュラーサイズ 103ml 1,452円 ハーフサイズ 53ml 913円

株式会社ナチュラルアイランドは、北海道の素材に着目した国産スキンケアをつくるために設立された。

その会社が製造・販売するアウトドアアロマミスト『森の肌守り。』は、日本でたった1軒しかつくっていない“幻の和ハッカ”と呼ばれる『JM‐23号』を中心に配合。

虫が嫌う8種の天然ハーブ(北海道産和ハッカ〈水・油〉、ユーカリリーフ油、ラベンダー油、セイヨウハッカ油、ティーツリー油、シダーウッド油、レモングラス油、シトロネラ油)をブレンドしている。

ツンとしない、やさしくて爽やかな香りで虫からしっかりガードする。

和ハッカ虫除けアロマミスト

和ハッカ農家 瀬川さん「本物の和ハッカの爽やかな香りをお楽しみください」

和ハッカ虫除けアロマミスト

和ハッカ JM-23号

独自のクレイ処方でパワフルな虫除け効果

『森の肌守り。』は防腐剤無添加で、肌へのやさしさにこだわったミスト。肌につけるのはもちろん、カーテンや寝具にスプレーすれば、空間ごとしっかりガードしてくれる。

天然のアロマは、やさしいけれど持続性はどうなのか? と思う人もいるだろう。

『森の肌守り。』は、アロマを天然クレイの層の間に入れる独自技術により、パワフルな虫除け効果が2時間以上も持続する。

サラッとした質感もキープできるから、ベタつき嫌いの男性でも爽快な使い心地だろう。

※1歳以下の赤ちゃんや肌の弱い人は直接つけずに、帽子や衣服、髪に使うのがオススメ。

関連情報
https://island.natural-s.jp/about/mint.html

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます