• TOP
  • ニオイケア
  • マスクの紐がぷ~んとクサイ!? 脇、足に続く第3のニオイ『ネック臭』に要注意!

マスクの紐がぷ~んとクサイ!? 脇、足に続く第3のニオイ『ネック臭』に要注意!(2021.05.06)

ネック臭加齢臭ノネナールデオナチュレ男すっきりジェルバー

第3のニオイ『ネック臭』に要注意!

自分の体臭を気になっても、フレグランスの香りでごまかそうとしてはいけない。なぜなら、臭いニオイをかき消そうとして強い香りを使うと、脳のα波が減少してしまう、というデータがあるからだ。

使うべきは、ニオイを根源から絶つデオドラント剤だといえるだろう。

気温が高くなり、汗のニオイや加齢臭対策として、デオドラント製品を使用する時期になった。じつは、意識の高い男性は、脇や足だけでなく、ニオイが発生しやすい部位をスポット的にケアしていることをご存じだろうか?

ニオイケアに詳しい精神科医の古賀良彦先生は「汗と頭皮のニオイが混ざり合う耳裏や首すじは、体の中でニオイやすい場所です。マスクの紐のニオイをチェックして、耳裏や首すじのニオイケアを始めましょう」と説く。

その“第3のニオイ”といわれる耳裏と首すじの『ネック臭』について、詳しいリポートが届いたので紹介していこう。

マスクの紐がクサイ、夕方のマスクがクサイ人はネック臭ケアを

耳裏、首すじからニオっているどうか、確認するにはマスクのニオイをチェックしてみよう。マスクを外したときに紐がニオう、1日中マスクをしていると夕方からニオイが気になるときは、耳裏、首すじのネック臭ケアの始め時だという。

最近は不織布マスクがメインだが、素材のパルプは紙と同じでニオイを吸収しやすくなっている。また、ウレタンマスクや布マスクを使用している人は、洗っても落ちないニオイ、外したマスクのニオイをチェックしてみよう。

ネック臭加齢臭ノネナールデオナチュレ男すっきりジェルバー

耳裏、首すじはニオイ分子が拡散しやすい

古賀先生「頭部でいちばん汗をかきやすい場所は額です。これは生命維持に大切な脳の温度の恒常性を保つためと考えられています。

額の汗は首に流れて、耳裏など凹凸のある場所に溜まり、皮脂と混ざって汗臭を発します。また、頭皮から発する加齢臭も混じり合い、耳裏や首すじはニオイが発生しやすい場所となっています。

さらに、耳や首すじは洋服で覆われていないため、ニオイ分子がダイレクトに空中に拡散しやすい場所。

ニオイの分子は小さく、蒸発した汗に含まれて広がります。太い動脈が通る首すじは、体温が高めなので汗が蒸発しやすい場所といえるでしょう」

つまり、女性がフレグランスをつける首すじは、男性にとって“嫌なニオイスポット”だったわけだ。

ネック臭は『加齢臭+汗臭』のWダメージ

古賀先生「加齢臭の原因物質はノネナールであることはわかっています。ノネナールは皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸などの脂肪酸が過酸化と反応して発生します。ノネナールは30~40代から発生し、主に40歳を過ぎた頃から増えていきます。

ネック臭が女性より男性の方に強い理由は、男性ホルモンがノネナールの発生源となる皮脂の分泌を亢進(高い度合いまで進むこと)するから、と考えられています」

【加齢臭が発生する仕組み】

ネック臭加齢臭ノネナールデオナチュレ男すっきりジェルバー

ネック臭は日中につくられる。お風呂や脇ケアだけでは不十分

耳裏や首すじのニオイは、朝から始まり日中につくられているという。夜、お風呂で体を洗ったり、朝、脇のニオイをケアしただけでは防ぎきれないそうだ。

古賀先生「耳裏や首すじは洗い残しが多く、その皮膚の汚れがネック臭につながります。

お風呂に入っているから、脇のケアをしているから大丈夫というわけではなく、首や耳裏の皮膚の汚れ、日中の汗のニオイや加齢臭によって生じます。

ネック臭対策は、朝に始まり1日を通して行うことがポイントですね」

スメルハラスメントの新常識! 耳裏、首すじにプラスケア

スメルハラスメントという言葉が広まり、体臭やフレグランスのニオイに気を配る人が増えてきた。

古賀先生「脇、足のニオイにデオドラント剤を使用する人は増えてきましたが、ネック臭のケアをしている人は、まだ少ないように感じます。

仕事の現場でフレグランスをつける人は少なくなりましたが、脇、足のニオイケアの仕上げにネックケアを習慣化することをオススメします。

ネック臭ケアをプラスするだけで“自分はニオっていない”という自信につながり、それが仕事への自信にもつながりますから」

ネック臭は朝だけでなく、昼間や夕方にも追加ケアしよう

古賀先生「耳裏や首すじのニオイは、日中汗をかくことで増幅されますので、昼間や夕方にもケアを追加するといいでしょう」

ネック臭ケアには、ジェルタイプで塗りやすいデオドラント剤を選び、仕事場に常備しておこう。

汗をかく前に塗ることで予防できるのはもちろん、ハンドクリームやリップクリームを塗るように、耳裏や首すじもケアできるデオドラント剤をこまめに塗ることもオススメする。

汗の季節にニオイを気にせず、自信を持って仕事に挑めるようになるはずだ。

古賀良彦(こが・よしひこ)先生

ネック臭加齢臭ノネナールデオナチュレ男すっきりジェルバー古賀先生

精神科医。杏林大学名誉教授。1971年、慶応義塾大学医学部卒業。脳科学に基づいたストレスケアに詳しい。専門は睡眠障害と関係の深い統合失調症、うつ病の治療ならびに産業精神医学。日本催眠学会名誉理事長、日本薬物脳波学会副理事長。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます