40代は「はざま男」?今を生きる40男の実態とは(2016.03.12)

P2250099

 

男性化粧品大手のマンダムは、働き盛りの40代男性を「はざま男」とし、年代意識調査とスマートエイジング(かっこよく年齢を重ねる)ためのセミナーを開いた。

P2250100 P2250102

まず、男性化粧品市場は、年々上昇しており、また商品カテゴリーの比重がヘアスタイリング剤からボディケアへ移ってきているデータを示した。身だしなみとして、ニオイケア、肌ケアをする男性が確実に増えているのだ。

P2250113

そんな中、今現在日本の中枢を支えていると言える40代男性の意識調査を発表。40代を迎えたとき、「もう40才だ」と感じた男性は実に75.8%にのぼり、約4割が自分の加齢を受け入れたくないという結果に。

P2250118

 

人生をマラソンに例えた際、40代は中間点を少し超えた人生の後半戦と捉える人が多かった。

P2250120

P2250121

40才の自分自身を「おじさん、中年」と認識してはいるが、「まだ若くいたい」という願望も入り混じる。さらに、プライベートには満足しつつも、仕事や経済力にはまだ不満が残りストレスが多いという結果に。

そんな「はざま男」たちは、自身のメンテナンスに興味はあるが、まだ何も対策していないという人が多いという。洗顔料を使用する、スカルプケアシャンプーを使うなどはしていても、肌のケアまでできている人は少数というのが現状だ。しかし、「若くいたい」と願うのであれば、スキンケアは必須の項目となってくる。なにより、ストレス過多なこの世代は自分をいたわるべきだ。仕事もプライベートもさらに充実させるため、自分の体をメンテナンスを春から始めてみてはいかがだろうか?

文/編集部

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます