新入社員の時、髪型を注意されたメンズは6人に1人(2021.05.24)

PERCUT新入社員の髪型に関する調査

新入社員の髪型の悩みと髪型のポイント

コロナ禍によるテレワーク研修など、新しい生活様式の中で社会人生活をスタートさせた新入社員も入社から2か月が経とうとしている。

カット3,500円というコストパフォーマンスで、東京、大阪、名古屋を拠点に8つの店舗を展開するPERCUTは今年1月、そんな新入社員の髪型に関するアンケート調査を実施。回答結果をデータ分析状況と併せて公開した。

また、アンケート結果から明らかとなった新入社員の髪型の悩みに対して、新入社員にふさわしい髪型のポイントも紹介しているので、その概要も改めてお伝えしていこう。

約4割の男性が新入社員の時に「髪型に悩んだことがある」

社会人1年目の時、社会人としてどんな髪型にすれば良いか悩んだり迷ったりした経験はありますか?

PERCUT新入社員の髪型に関する調査

「社会人1年目の時、社会人としてどんな髪型にすれば良いか悩んだり迷ったりした経験はありますか?」という質問に関しては、約4割の人が「ある」と回答し、多くの人が、新入社員の時に髪型で困った経験のあることが分かった。

具体的に悩んだ内容を聞くと、「ビジネスとカジュアルのバランス」(20代・広告、PR)、「スーツに合い、且つ、自分に合う髪型が分からなかった」(20代・コンサルティング)、「耳にかかるのは避けた方が良いのか、前髪はあまり長くしない方が良いのか分からなかった」(30代・製造業)、「長さがどこまでOKなのかが分からない。営業職のため、社内では良くても、客先での印象が気になる」(30代・印刷業)といった髪型自体に関することから、「毎朝セットなどに時間がかからないようにすること」(30代・サービス業)という、忙しい社会人ならではのコメントも。

また「許される範囲がわからず無難な髪型にしてしまった」(30代・ITサービス)という声もあった。

新入社員の時、髪型で怒られた経験がある男性は6人に1人

社会人1年目の時、髪型で怒られた・注意された経験はありますか?

      PERCUT新入社員の髪型に関する調査

「社会人1年目の時、髪型で怒られた・注意された経験はありますか?」という質問に関しては、「ある」と回答した人が16%となり、およそ6人に1人の人が、髪型で注意された経験があるようだ。

怒られたのは「前髪」が多い

「社会人1年目の時、髪型で怒られた/注意された経験がある」と回答した人に、具体的にどのように注意されたのかを質問したところ、「前髪の長さ」(20代・看護師)、「前髪が長すぎる」(20代・食品業界)、「前髪が目にかかってしまっていた」(20代・公務員)など、前髪に対する注意が目立った。

また「耳にかかって注意された」(20代・銀行)、「長すぎた」(50代・商社)など、耳にかかる長さや全体的な長さというコメントも多く見られる。

社会人で「ツーブロック」はOKという回答は9割以上

社会人でOKだと思う髪型(複数回答)

PERCUT新入社員の髪型に関する調査

いくつかの髪型の中から「社会人でokだと思う髪型」を複数回答で選んでもらったところ、一番多かった項目が「ツーブロック」(97%)、次いで「パーマ」(80%)という結果となった。

「ツーブロック」は髪の長さに段差が付いているヘアスタイルだ。カットによっては目立つ段差ができる髪型だが、社会人の髪型としても浸透しているのでは、ということが想像される。

「前髪が目にかかる髪型」に関しては、50%の人が選択しているが、前述の通り、新入社員では前髪を注意されるケースが比較的多いと考えられる。新入社員の人は、前髪には特に注意をしたほうが良いかもしれない。

調査概要
調査方法:PERCUT各店舗でアンケート記入
調査対象:PERCUTのお客様 10代〜50代の社会人男性 204名(10代:5名、20代:149名、30代:38名、40代:8名、50代:4名)
調査期間:2021年1月4日~2021年1月26日

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます