• TOP
  • オーラルケア
  • 金属バネのない入れ歯“ノンクラスプデンチャー”を入れてみた!

金属バネのない入れ歯“ノンクラスプデンチャー”を入れてみた!(2021.05.25)

ノンクラスプデンチャー入れ歯

天然の歯と歯茎を模したノンクラスプデンチャー

筆者は現在、部分的にデンチャーを入れている。デンチャーとは義歯、つまり入れ歯のこと。

「最初から入れ歯って言えばいいじゃないか!」と思われる読者諸兄も多いだろう。だが、あともう少しだけ“入れ歯”というワードに抗っていたいので、そこは大目に見ていただきたい。

筆者が入れているのは“ノンクラスプデンチャー”(※1)という、金属バネのない自費の入れ歯。“クラスプ”とは歯にひっかけるバネのこと。そこが歯茎と同じ色の物でつくられており、デンチャーというのがバレにくい仕様になっている。

※1)素材は、しなりがあって強度のあるプラスチック樹脂。使われている材料や歯科技工所により製品名はまちまちで、ナチュラルデンチャー、スマイルデンチャー、スマートデンチャーなどがある

22ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

メディアの人間は、徹夜など生活が不規則になりやすく、丁寧に歯磨きできないことが多い。それ故、歯をダメにしている人が多数。で、インプラント(※2)率高し。

※2)歯を失った顎骨(がっこつ=アゴの骨)に人工の歯根(インプラント)を埋入(まいにゅう)し、歯を補う治療法

しかし、筆者は非常に怖がりのため、インプラントの外科的な治療に耐えられないと思ったのだ。でも、保険の入れ歯は金属バネが目立つからイヤ。ブリッジ(※3)は健康な歯を削らなければいけないのでイヤ。というわけで、選んだのがノンクラスプデンチャーだった。

※3)失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療法。失った歯の両隣に残っている歯を削って土台をつくり、そこにブリッジの名の通り、橋を架けるように人工歯を被せる

ノンクラスプデンチャーは美しいけれど噛めない入れ歯!?

ノンクラスプデンチャーの使用感はすこぶるイイ! 精密な型取りをしているので歯茎にぴったりフィットして違和感がない。最初は、厚みがあるため舌に当たり、少し喋りづらいかな? と思ったが3日で慣れた。

硬い肉やお煎餅でも、自分の歯のようにしっかり噛める。デンチャーを入れていることさえ忘れそうなほど。ただし「入れ歯安定剤を使えば」の話である。それを使わないと外れやすい。

ネットでも「ノンクラスプデンチャーは、美しいけれど噛めない入れ歯だ」というような書き込みがいくつかあった。ノンクラスプデンチャーは入れ歯安定剤とセットで使わなければ噛みにくいものなのか?

そこのところ、品川東口歯科の川本祐輝先生に伺ってみた。

入れ歯が外れやすくなる要因とは?

川本先生「バネの一方が前歯(※4)の犬歯にひっかかる形状(筆者の場合)になっているので、外れやすいのだと思います。犬歯というのはバネがひっかかりにくい歯ですから。

バネがひっかかるのが奥歯(※5)でしたら、ノンクラスプデンチャーも外れにくいので、入れ歯安定剤を使わなくても大丈夫でしょう。

※4)前から3番目までの歯を指す。正面の1番目を中切歯(ちゅうせっし)、2番目を側切歯(そくせっし)、3番目を犬歯(けんし/糸切り歯ともいう)と呼ぶ
※5)前から4番目より後ろの歯を指す

また、(筆者の場合)全体的に歯が短いので、入れ歯が外れやすいといえますね。歯は長ければ長いほど、入れ歯を保持するチカラが強いので。

さらに、入れ歯が外れやすくなってしまう要因としては、歯の移動があります。歯というのは、ずっと同じ位置にいるわけではなく、歯周病や歯茎が痩せる等で、噛み合わせが変わってくるのです。

入れ歯と歯茎が密着しているほど、適合がよく、外れにくくなりますから。入れ歯をつくった頃のフィット感が、年々減少していくのはそのためです」

なるほど、筆者のノンクラスプデンチャーが外れやすくなったのには、さまざまな理由があったのか。

でも、入れ歯安定剤を使えば、自分の歯と同じように噛めて、しかも見た目が自然。おそらく、次につくり変えるときも筆者はノンクラスプデンチャーを選ぶだろう

下アゴと上アゴでは適する義歯が違う場合も

では、川本先生はどの義歯をイチ推しするのだろうか?

川本先生「下の歯に関しては、基本的にインプラントを推します。なぜかというと、下アゴは骨がしっかりしていますし、よく噛めるから。逆に、上アゴは骨密度が低いのです。

親知らずを抜いたときに、腫れるのは下の歯です。上は腫れない。下アゴの硬いところをがんばって抜くので、その分、骨の負担が大きくて腫れてしまいます。上の歯はアゴの骨密度が低く、抜けやすいので腫れにくい。

下アゴの骨はしっかりしているので、インプラントも埋め込みやすく、安定しやすいのです。上の歯だと、すべての義歯の可能性を考えて患者さんに提案します。

ただし、インプラントは自費で高額、さらに治療が長期間にわたります。そのため、患者さんの経済的負担と時間的負担を考えて、ブリッジや入れ歯を提案することもあります」

インプラント、ブリッジ、入れ歯のメリット・デメリットとは?

川本先生「インプラントは自分の歯と同じような力で噛めます。ブリッジも固定しているので、噛む力があります。保険の入れ歯の噛める力は、天然の歯の3分の1くらいだといわれています。

噛む力の強さの順番としては、インプラント>ブリッジ>ノンクラスプデンチャー>保険の入れ歯、だと思います。

ただし、インプラントもケアをおろそかにすると“インプラント周囲炎”という歯周病と同じような状態になりますから注意してください。

ブリッジは、橋渡しのような人工の歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすいので、歯間ブラシ等で丁寧に掃除してください。ブリッジの耐久年数は7~8年といわれていますが、ケアがきちんとできていないと、半年でダメになる場合もありますから。

大切なのは、毎日のケアと、歯科医院での歯のクリーニング。歯磨きが上手な方であれば、半年に1回のクリーニングでいいのですが、そうでなければ、3~4か月に1回のペースをオススメします」

アゴの骨が“痩せる義歯”と“痩せない義歯”がある!?

インプラントは自分の歯と同じように噛めるので、アゴの骨が痩せにくいと聞く。では、アゴの骨が痩せやすくなる義歯とは何なのか?

川本先生「噛む力がアゴの骨への刺激になるのです。圧がかかると骨密度が上がりますから、自分の歯と同じような力で噛めるインプラントは、アゴの骨が痩せにくいのです。

ブリッジは、人工の歯と歯茎の間に、少しだけすき間があります。噛む力がダイレクトにアゴに伝わりにくいので、アゴの骨は痩せやすいといえますね。

保険の入れ歯とノンクラスプデンチャーの場合は、歯茎と密着しているため、アゴに圧が伝わりやすいので、比較的痩せにくいのです」

このように、インプラント、ブリッジ、入れ歯、それぞれにメリット・デメリットがある。それを知っておくと、将来、歯を失ったときに、身体的&経済的な条件を鑑みて、義歯を選ぶことができるだろう。

22川本先生

川本祐輝(かわもと・ゆうき)先生

歯科医師。公立大学法人九州歯科大学卒業。同大学 歯周病科にて研修終了後、品川東口歯科勤務。インビザライン認定医。日本口育協会会員 口育士。若手歯科医師 約1000人の大規模スタディグループ『30 under 30』1期生でMVPを受賞。鶴見大学歯周病学講座 臨床専科生。日本歯周病学会 会員。日本口臭学会 会員。MAKE A LINE会員。

品川東口歯科
https://shdo.jp/

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます