ダイエットだけじゃない?!筋トレに期待できる意外な健康効果とは(2021.06.08)

筋トレ健康効果体質改善

現在、東京や大阪、兵庫など10都道府県に対して新型コロナウイルスの感染拡大防止のための3回目となる「緊急事態宣言」が発令中だ。

期限は今月20日までだが、解除後は急激な人流の増加による感染再拡大も懸念されているだけに、解除後も引き続き慎重な行動が求められている。

というわけで、長引く自粛生活のストレス対策や運動不足解消のため、在宅での筋トレを始めたという人も多いのではないだろうか。

実際、多くのスポーツジムがオンライントレーニングを展開しており、動画投稿サイトでも多くの自宅筋トレ動画を視聴することができる。

そんな筋トレには、ダイエットやボディメイク、筋力アップなどに加え、心身に多くのメリットがあるという。

ダイエット情報サイト、microdiet.netにリポートが公開されているので概要を紹介したい。

筋トレに期待できる体質改善とは

疲れにくくなる

筋トレによって筋肉量が増えるに伴い、血流が良くなり全身へ供給される酸素量が増加。すると、全身持久力や筋持久力がアップし、体を動かしても疲れにくくなるという。

重いものを持ち運んだり長時間歩いたりしても疲れにくくなるので、運動時だけでなく日常生活がラクになる効果も期待できる。

基礎代謝量が上がり太りにくい体になる

基礎代謝量とは、特に何もしなくても自動的に体で消費されるエネルギーのことで、心臓を動かしたり呼吸をしたりなど、体を維持するために使われる。

実は筋肉・肝臓・脳が基礎代謝量全体の約2割ずつを消費しているのだ。

肝臓や脳の基礎代謝量を増やすことは難しいが、筋肉量は多いほど基礎代謝量も比例して上がるため、筋肉がつけば太りにくい体質になれるというわけだ。

姿勢が良くなる

猫背や巻き型、反り腰など姿勢の悪さは、筋肉量が少ないことが一因になっている。そして悪い姿勢はぽっこりお腹や二重あごの原因にもなってしまうので、いつも良い姿勢を保つようにしたいところ。特に現代人は、運動不足な上にスマートフォンやPCを使う時間が長いため、姿勢を悪くなりがち。

筋トレで腹筋や背筋などの体幹を鍛えることで、正しい姿勢を楽にキープしやすくなり、そうなればお腹も引き締まり二重あごの改善にもつながっていく。

睡眠の質が上がる

筋トレをすると眠りの質が高まるという研究がある。これは疲労によってよく眠れるということも一因だが、筋肉が増えて体温が上がることで、深い睡眠であるノンレム睡眠が増えるためだと考えられているため。

ただし、筋トレを行うと交感神経が優位になってしまうことに注意。筋トレで良質な睡眠を得るためには、就寝3時間前までに終わらせるようにしたい。

美容・エイジングケア効果

筋トレをすると、脳から成長ホルモンが分泌される。成長ホルモンというと身長を伸ばすためのホルモンというイメージがあるが、働きはそれだけではない。

代謝の促進、若さを保つ、骨や筋肉の成長を助ける、脂肪を分解する、生活習慣病のケア等の作用もあるのだ。

ただし成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減っていくため、若さや健康な体を維持したい場合にも筋トレは有効と言える。

心の健康

体を動かしたあとに気分がすっきりしたという経験を持つ人も多いはず。これは筋トレを行うと、「幸せホルモン」とも呼ばれている「基礎代謝量」が分泌されるため。

このセロトニンは、感情や気分のコントロールを司るホルモンで、メンタルヘルスに大きく関わっている。幸福感が得られると同時に不安感や緊張を緩める働きがあるため、筋トレはストレス解消や心を健やかにすることにも効果的とされている。

筋トレ健康効果体質改善

関連情報

https://microdiet.net/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます