• TOP
  • ファッション
  • 〝鼻パッドがない〟新機構を採用したJINS「ノーズパッドレスサングラス」

〝鼻パッドがない〟新機構を採用したJINS「ノーズパッドレスサングラス」(2021.07.07)

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless

Nose Padlessという発想で誕生した新ジャンルのアイウエア

ジンズ(JINS)は、4月にローンチしたサングラスブランド「JINS&SUN(ジンズ アンド サン)」より、鼻パッドをなくしたノーズパッドレスサングラス「JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless」をJINSの一部店舗およびJINSオンラインショップにて発売した。

「JINS&SUN」は、“EVERYDAY EYE WEAR”をコンセプトに掲げたサングラスブランドだ。

そんなJINS&SUNが新たに展開するのは、鼻パッドがないサングラス「JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless」。

この商品は、メガネ・サングラスに関わる悩みとして常に上位にあげられる「鼻パッド」による「鼻の部分が重く気になる」「鼻に跡が残る」「汗が溜まる」「ファンデーションが崩れる」などに着目。

これを“鼻パッドをなくす(=Nose Padless)”という新しい発想のデザインで対処した新ジャンルのアイウエアだ。

JINSでは昨年10月に初めてノーズパッドレスタイプのメガネ「JINS SCREEN Nose Padless」を発売。今回、同様の機構をサングラスに取り入れることで、これから本格化する汗をかきやすい夏場でも鼻周りに汗が溜まることなく、より快適に着用できる商品が完成した。

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless

Withマスクを考慮したクリアベースの配色で肌馴染みを考慮したデザイン

「JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless」は、鼻パッドがなくてもメガネを顔にフィットさせるため、メガネのテンプル(つる)部分にJINSが独自に開発した「シーソーパーツ」を採用。

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless

テンプルに取り付けられたシーソーパーツによりテコの原理が作用することで、頭部にフィットし、サングラスがずれ落ちることを防ぐ。

シーソーパーツは、テンプルのシルエット内に収まるように設計。テンプルのカラーをグラデーションにすることでシーソーパーツのつなぎ目を目立たなくし、通常のサングラスと遜色ない自然な見た目を実現した。

フレームは、日常使いしやすく顔なじみの良い「オーバル」、ボリュームのある「ビッグシェイプ」の2型を用意。

フレームのカラーは、マスクとの併用を想定し、顔周りが重たくなりすぎないクリアベースの配色に。肌のトーンアップや肌馴染みを考慮した各3色を展開する。鼻周りの悩みを解決する本商品で、快適なサングラスライフを楽しんでほしい。

商品概要

商品名:JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ラインアップ:2型(LRF-21S-147、LRF-21S-148)全6種
発売日:2021年7月1日(木)
価格:¥5,500(税込)
販路:JINS一部店舗、JINSオンラインショップ

商品ラインアップ

オーバル(LRF-21S-147)

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ピンク(102)

 

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ライトブラウンササ(283)

 

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ネイビー(358)

 

ビッグシェイプ(LRF-21S-148)

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ワイン(176)

 

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
ライトブラウンササ(282)

 

JINS&SUN NEW STANDARD Nose Padless
パープルササ(367)

 

関連情報
https://www.jins.com/jp/jinsandsun/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます