• TOP
  • ヘルスケア
  • 夏のマスク着用で心配なことTOP3は「ムレ」「熱中症」「汗」

夏のマスク着用で心配なことTOP3は「ムレ」「熱中症」「汗」(2021.07.08)

アクアバンクマスク×福利厚生調査

ヘルスケア事業を展開するアクアバンクは、全国20代〜50代の社会人を対象に「マスク×福利厚生」に関する調査を実施。1,025名から得た回答結果をデータ分析グラフと併せて公開した。

夏のマスク着用で心配なことは「ムレ」「熱中症」「汗」

アクアバンクマスク×福利厚生調査

夏にマスクを着用することについて心配なことについて尋ねたところ「ムレ」(64.3%)が最多となり、次いで「熱中症」(63.2%)、「汗」 (59.7%)と続いた。本格的になるが始まる前に熱中症を心配している人が多くいるのがわかる。

屋外でのマスク着用は4割以上が「人との距離が確保できる場合は外す」

アクアバンクマスク×福利厚生調査

屋外でのマスク着用について尋ねたところ、4割以上が「熱中症対策のために人との距離が確保できる場合は外す」と回答した。「できる限り外す」(13.7%)の回答と合算すると6割近くがマスクを外したいと思っているようだ。

夏マスクに求める機能は「接触冷感」

アクアバンクマスク×福利厚生調査

夏に着用するマスクに求めている機能について尋ねたところ、「接触冷感」(58.2%)が最も多く、次いで「通気性」 (52.1%)、「軽い着け心地」(46.7%)となった。暑い季節、少しでも快適にマスクを着用したいと考えている人が多くいることが分かる。

昨年の夏、冷感マスクを着用した人は31.5%

アクアバンクマスク×福利厚生調査

昨年の夏に“冷感マスク”を着用したことはあるかを尋ねたところ「着用したことがあり現在も着用している」(12.9%)、「現在は着用していないが、夏に着用していた」(18.6%)を合算すると、着用をしたことがあるのはわずか31.5%であった。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます