• TOP
  • 新商品・イベント
  • ミズノとマツダが〝クルマと通じ合う歓び〟を目指したドライビングシューズを共同開発

ミズノとマツダが〝クルマと通じ合う歓び〟を目指したドライビングシューズを共同開発(2021.07.11)

「人間中心のモノづくり」という共通の開発思想から誕生

マツダ/ミズノ ドライビングシューズ

ミズノとマツダは、共同開発した新コンセプトのドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」の予約受注を応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて受付中だ。配送予定は2022年8月を予定している。

スポーツ品開発のために人の動きを研究し人と用具の調和を追求するミズノと、人間中心のクルマづくりで〝人馬一体〟の走りを追求する自動車メーカーのマツダは、2015年から様々な分野においてエンジニアの技術交流を行っている。

今回発売するドライビングシューズは、マツダのドライビングポジションをはじめとする意のままの走りを実現する技術、ミズノが持つ幅広いスポーツ品開発で培ったテクノロジーを掛け合わせることによって完成した。

両社は今回のプロジェクトに関して、「『軽快でありながら、安定性の高い快適なペダル操作』という運転体験をドライバーに提供していきます」と説明している。

ペダルコントロール性を向上させる『背屈サポートアッパー』

マツダ/ミズノ ドライビングシューズ

「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」の足首周りには、競泳水着の姿勢制御技術を活用した伸縮性の高いストレッチ素材を採用。

ストレッチ素材の戻る力(収縮力)がつま先を引き上げる動作をサポートすることで、アクセルペダルとブレーキペダルの踏みかえを容易にしているという。

また、踏み込み時には、ストレッチ素材の伸びを抑える力により、踏み込み加減の微調整をしやすくするため、ドライバーのペダルコントロール性をより緻密にした。

履き心地の良さとペダルフィールを両立する『MIZUNO COB』

マツダ/ミズノ ドライビングシューズ

<アウトソール>

マツダ/ミズノ ドライビングシューズ

<ミッドソール上面>

従来のドライビングシューズに見られる薄く硬いソールは、歩行などの日常的な使用が難しいという課題があった。

そこで「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」のソール部には、クッション性を確保しながらも、トレーニングシューズ開発で培った情報伝達技術を活用した足裏の感度を高める『MIZUNO COB』を採用。

足裏と接するミッドソールの上面にアウトソールの凹凸と連動する凹凸構造を配し、アウトソールから入力される情報を足裏により正確に伝達する。これにより、日常履きに使える快適さを持ちながら、運転時にはダイレクトなペダルフィールを提供していく。

かかとの安定感と軽快なペダル操作を追求した『ラウンドソール』

マツダ/ミズノ ドライビングシューズ

「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」のアウトソールには、床面への足の接地を安定させる『ラウンドソール』を採用。

アウトソールのかかと部分に丸みを持たせアッパーの側面部、後方部まで巻き上げることで、床面との接地面積を増やした。

その結果、かかと部分を軸に足を前後左右に動かしやすくなるため、安定したペダル踏み込み操作とスムーズな踏みかえ操作が期待できる。

商品概要

商品名/マツダ/ミズノ ドライビングシューズ
品番/F1GC220209
予約開始日/ 2021年7月6日
価格/Makuake販売価格 41,800円(税込)
※詳細は「Makuake」プロジェクトページを。
※通常販売価格 44,000円(税込)

サイズ/ 24.5~28.0cm (EE相当)
カラー/グレー×ブラック
素材、甲材/天然皮革・合成皮革・合成繊維 底材:ゴム
質量/約270g(27.0cm 片方)
原産国/日本

関連情報
https://www.mizuno.jp/driving/makuake/topic

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます