タクシーの料金精算、30代以下はキャッシュレス、40代以上は現金(2021.07.17)

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に「移動関連サービスの決済手段」に関するアンケートを実施。6.816名から得た回答結果をグラフ化して公開した。

「電車(在来線)」の決済はキャッシュレスが約8割

「駐車場」、「タクシー」、「駐輪場」は、キャッシュレスより現金で決済する割合が高くなっている。「駐車場」と「駐輪場」は現金がキャッシュレスよりも10ポイント以上高くなっているが、タクシーは3ポイント差であった。

一方、「電車(在来線)」や「路線バス」、「新幹線・特急」、「飛行機」はキャッシュレスが現金を大きく上回った。「電車(在来線)」はキャッシュレスが約8割、「路線バス」と「新幹線・特急」は5割超という結果に。

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

決済手段として現金とキャッシュレスどちらも3割を超えた「駐車場」と「タクシー」を年代別で見ると、「駐車場」を現金で決済する割合は、60代以上が全年代の中で最も高くなった。

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

一方で、「タクシー」は、30代以下はキャッシュレス、40代以上は現金の割合が高くなっており、年代が上がるほど、現金で精算する傾向にあることが判明。

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

移動関連のキャッシュレス決済はクレジットカードが70%

利用が多いキャッシュレス決済手段は、1位「クレジットカード」70%、2位「電子マネー(※1)」67%となった。「クレジットカード」は他の決済手段に比べ、インターネット決済にも対応したサービスが多いことが、利用の多さに繋がっていると思われる。

3位以下は「モバイルウォレット(※2)」23%、「ポイント」6%、「デビッドカード」5%と続き、上位2項目と大きく差があった。
※1 Suica/ICOCA/WAON/nanacoなど ※2 アプリを使った支払い方法

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

駐車場で利用できたら便利だと思う決済手段は電子マネー

駐車料金の精算時に利用できたら便利だと思う決済方法の1位は、「電子マネー」で64%であった。以降、「クレジットカード」50%、「モバイルウォレット」44%、「ポイント」23%、「現金(高額紙幣)」20%となっている。「その他」では、「ETC」という意見も。

パーク24移動関連サービスの決済手段調査

今回のアンケートでは、キャッシュレス決済で最も利用されている移動手段は「電車(在来線)」であった。

交通系ICカードの発行枚数が1.3億枚を超えていることに加え、モバイル版の普及や、多くの鉄道会社で相互利用が可能であることなどが、キャッシュレス決済の高い利用率に繋がっているものと考えられる。

また、「キャッシュレス」よりも「現金」で決済する割合が高かった「駐車場」だが、パーク24グループでは、2003年に業界初の駐車場オンラインシステム「TONIC」を本格導入し、これによりクレジットカード決済が可能となった。

現在、タイムズパーキングでは、クレジットカードに加え、法人専用の売掛決済カード「タイムズビジネスカード」や、交通系ICカードなどの電子マネー、タイムズクラブアプリのQRコード決済も利用できる。

また、駐車場業界全体でも、今では多くの駐車場でクレジットカードや電子マネーでの支払いができるようになってきている。

調査概要
調査対象:タイムズクラブ会員(2020年2月 15 日以降に入会し、直近でパーク24グループのサービス※を利用した人)※対象サービス:時間貸駐車場・予約制駐車場・カーシェア・レンタカー
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2021年2月15日〜2021年2月21日
有効回答者数:6.816名
※調査結果は、四捨五入による端数処理のため、構成比が100%にならない場合がある。

関連情報
https://www.park24.co.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます