• TOP
  • モテ講座
  • コロナ禍でオンライン婚活が定着する一方で、新たに「婚活ヅカレ」という問題が浮上!?

コロナ禍でオンライン婚活が定着する一方で、新たに「婚活ヅカレ」という問題が浮上!?(2021.08.07)

Parasol恋愛婚活ラボ婚活の実態調査

Parasolが運営する未婚男女のマーケティング研究機関『恋愛婚活ラボ』は、2021年7月10日(土)~12日(月)の期間において、未婚男女270人(女性138人、男性132人)を対象に、「婚活の実態」に関する調査を実施。回答結果をグラフ化して公開した。

男性は「振られヅカレ」、女性は「アプローチされヅカレ」

婚姻者のうち、「婚活サービスを利用したことがある人」は、2017年時点では「15.6%」であったが、2019年には「30.4%」となり(婚活実態調査2020「リクルートブライダル総研調べ」より引用)、約4人に1人が利用した経験があるという結果がでている。

特に「マッチングアプリなどのオンライン系婚活サービス」の利用経験率が一層高まっており、コロナ禍の今、直接相手と会わずにお相手探しが可能な婚活ツールとして、「オンライン婚活」は定番の婚活手段となっているようだ。

オンライン婚活の悩み

Parasol恋愛婚活ラボ婚活の実態調査

オンライン婚活の経験がある未婚男女に「オンライン婚活での悩み」を調査したところ、男性の悩みは「理想の相手とマッチングしない(出会えない)」「オンラインで出会ったお相手とのメッセージが続かない」と回答した人がともに「43.7%」と最も多い結果になった。

一方で女性は、「メッセージを返信するのが面倒」と回答した人が「56.4%」と、最も多い結果に。オンラインの「婚活ヅカレ」にはさまざまな要因がありますが、男女で傾向がはっきりとわかれた。

男性に関しては「マッチングしない」「メッセージが途切れてしまう」「いいと思った人とは続かない」など、相手に「振られる」悩みが多くあった。

女性に関しては「メッセージを続けるのが面倒」「会ってもピンとこない」「会っても楽しくない」など相手に対して「満足しない」悩みが多い傾向がみられる。

オンライン婚活においては、男性の方が登録者が多い傾向にあり、女性は男性と比べて多くのアプローチを受けるため、アプローチされすぎることへの疲れ(=アプローチされヅカレ)が起きてしまっているようだ。

オンライン婚活は「メッセージ」が「婚活ヅカレ」の原因に

メッセージでの悩み

Parasol恋愛婚活ラボ婚活の実態調査

オンライン婚活の経験がある未婚男女を対象に、「婚活中における異性とのメッセージのやりとりの悩みについて」調査したところ、男女で大きな違いがあることが分かった。

「55.5%」の男性が「相手がメッセージの返事をしてくれなくなる」と回答しており、約2人に1人の男性が「メッセージが続かない」ことに悩んでいることが判明。

一方、女性の場合、「50.3%」の人が「メッセージは続くが、苦痛を感じる」と回答しており、「メッセージをやりとりすること自体」に悩みを抱えているようだ。

「メッセージは続くが、苦痛を感じる」と回答した人にその理由を聴いたところ、男性は「メッセージ内容を考えるのが大変」との回答が最も多く、「52.6%」の人が選択。一方、女性の「49.3%」が「相手とのメッセージのやりとりが楽しくないから」と回答した。

オンライン婚活市場は男性の数の方が多く、必然的に女性は多くの異性からメッセージをもらう状況になる。

男性側は、ありきたりなメッセージを女性に送ると埋もれてしまう可能性が高いため、差別化したメッセージを送る必要があり、「メッセージ内容を考える」ことが「婚活ヅカレ」の要因となっている。

一方、女性は、毎日複数の男性とメッセージのやり取りをする必要があるため、1つ1つのメッセージ内容まで楽しむ余裕がなくなってしまい「メッセージをすること自体」に疲れてしまう傾向にあるようだ。

女性の3割が「オンラインで出会った相手とのデートが苦痛」

Parasol恋愛婚活ラボ婚活の実態調査

婚活男女に「婚活しているときの異性とのデート・お見合いに対する気持ち」を調査したところ、「デートが楽しくない(“相手によるが基本は楽しくない”の回答を含む)」と回答した女性は「31.9%」という結果に。

これは、男性が「12.9%」だったのに対し約3倍の結果となり、女性のほうがお相手とのデートを楽しめていないということが分かった。

「楽しくない」「相手によるが基本は楽しくない」と回答した人に、その理由を調査したところ、「お相手がイメージしていた人ではかった」が、3割以上と最も多い結果となった。

女性はメイクやヘアセット等、男性に比べ1回のデートにおける準備時間が長く、要する労力も大きいよう。

『恋愛婚活ラボ』が2021年6月に調査した「対面・オンラインデートの比較調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000025460.html)における「女性のデートの準備時間」は「31~40分」と、非常に長いことが分かった。

時間をかけて準備したのにもかかわらず、実際にデートなどで会うとイメージしていた人と違っていたと感じる人が多いため「デートがうまくいかないこと」が婚活ヅカレの原因になるようだ。

調査概要
婚活ヅカレ調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年7月10日(土)~12日(月)
調査対象:未婚男女
有効回答数:N=270(男性132人、女性138人

関連情報
https://match-app.jp/all/169920

 

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます