• TOP
  • ニオイケア
  • 在宅時間が長かった今年の夏!パジャマや部屋着の汚れ・ニオイが気になりませんか?

在宅時間が長かった今年の夏!パジャマや部屋着の汚れ・ニオイが気になりませんか?(2021.08.27)

汗や皮脂が汚れ・ニオイの原因に

ライオン夏物の洗い方

コロナ禍で迎えた2回目の夏も終盤。緊急事態宣言が発令中ということもあり、旅行や帰省を控えた家庭も多かったはずだ。

というわけで、この夏も在宅時間が長くなる中、パジャマや部屋着のニオイや汚れが気になることがないだろうか。

そんな夏物の洗い方に関するリポートがライオンから届いたので概要を紹介していきたい。

ライオン夏物の洗い方

まず同社が寝間着(パジャマなど)の洗濯の頻度を聞いたところ、毎日洗う人が44%、週1回から2~3回が約半数の52%、それ以下の人も数%いた。

ライオン夏物の洗い方

また寝間着(パシャマなど)と部屋着を兼用しているかについては、60%が「いつも」「ときどき」兼用していると回答している。

寝間着を部屋着として着用する場合、日中や就寝中にかく汗や皮脂汚れなどは、ニオイや汚れの原因になるので、夏シーズンのパジャマや部屋着はいつもよりこまめに、またニオイや汚れをしっかり落とす洗濯を心がけたい。

 世代によってニオイの種類も様々

ライオン夏物の洗い方

さて家族が世代ごとに体臭や衣類についたニオイが異なるのは、上の表に示したように、汗と皮脂の量や質の違いが異なるニオイを発生させるため。

体臭の主な原因は、「汗」と「皮脂」に含まれる成分の分解物や酸化物が発するニオイ。また各世代で衣類に付着するニオイには違いがある。

加えて夏は高温多湿で、汗をかきやすく、皮脂の分泌量が増えるので、前述したように、通常よりもこまめ洗濯と対策が必要になってくる。具体的には以下の事項を参照していただいたい。

夏パジャマの洗濯は消臭、抗菌が決め手

洗濯表示を確認する

パジャマの裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認する。
あわせて酸素系漂白剤が使用できるかも確かめておきたい。

消臭効果のある洗剤と酸素系漂白剤で洗う

抗菌タイプの洗剤(トップスーパーNANOX ニオイ専用)を使うことで、洗濯のあと、干している間や着用中に菌が増殖するのを抑制できる。
また酸素系漂白剤(ブライトSTRONG極パウダー)を併用すると、汗のニオイを落とすことが可能だ。

それでも落としきれずに蓄積した「ニオイ汚れ」を解消するには、「つけおき洗い」が有効。

洗濯おけに、衣類がつかる程度の量の「ぬるま湯」(40℃くらい)を用意し、適量の「酸素系漂白剤」(ブライトSTRONG極パウダー)を溶かす。そこに衣類を入れ、30分~2時間くらい「つけおき洗い」をする。そのあと、つけおきした衣類を洗濯機に入れ、洗剤と水とほかの衣類を足して、通常どおり一緒に洗っていく。

型くずれを防ぎたいパジャマは洗濯ネットを使う

ライオン夏物の洗い方

洗濯表示でネット使用の記載があるパジャマや型くずれを防止したいパジャマは、ほかの衣類とからんで、擦れたり伸びたりするのを防止するために、畳んで上下別々の洗濯ネットに入れる。ネットを使って洗濯をする際は、一つのネットに1着が原則だ。洗濯ネットに複数の衣類をまとめて入れてしまうと、汚れ落ちが悪くなってしまうので要注意だ。

情報提供
https://top.lion.co.jp/products/nanox-nioi/
https://soflan.lion.co.jp/soflan/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます