• TOP
  • ファッション
  • リーボックから1983年発売の「AZTEC II」をベースにしたレトロモダンな「CL LEGACY AZ」

リーボックから1983年発売の「AZTEC II」をベースにしたレトロモダンな「CL LEGACY AZ」(2021.08.31)

reebok_73877_1

「AZTEC II」を現代風に昇華したデザインを採用

グローバルフィットネスブランドのリーボックは、1983年に発売されたランニングモデル「AZTEC II(アズテック 2)」をベースとして採用したニューモデル「CL LEGACY AZ(クラシックレザー レガシー AZ)」の発売を開始した。

リーボックは、2021年秋冬シーズンにかけて、1970年代から1980年代の“レトロランニング”をコンセプトにした様々なモデルを展開している。

その中の最新作として今回登場する「CL LEGACY AZ」は、2021年春夏シーズンに発売した「CL LEGACY(クラシックレザー レガシー)」の後継モデルだ。

前作の「CL LEGACY」は、リーボックのアイコニックなレトロランシルエットのモデルである「AZTEC(アズテック)」と「CL LTHR(クラシック レザー)」を組み合わせ、現代のトレンドに合わせてデザインされた。

また、リーボックが掲げるサスティナビリティの考え方を反映し、一部アッパーの30%以上にリサイクル素材を使用することで環境にも配慮された製品として注目を集めた。

同じく、環境に配慮した「REE CYCLE(リーサイクル)」コンセプトの1足となる今作は、基本的なシルエットは「CL LEGACY」を踏襲しつつ、1983年に、数多くのシリアスランナーたちに愛用されたランニングシューズ「AZTEC II」を現代風に昇華したデザインとなっている。

RF-44a_PP1_001

▲ベースとなった1979当時の「AZTEC II」

「CL LEGACY」との大きな違いは、アウトソールからミッドソールにかけて斜めになったヒールキックと、ボディのサイドに施されたTPU(熱可塑性ポリウレタン)製のヒールカップの採用だ。

reebok_73899_1

さらに、つま先部分の形状や素材には、「AZTEC II」のディテールデザインを引き継いでおり、新しくもどこか懐かしさを感じる仕上がりに。

reebok_73892_1

カラーリングには、1979年に登場した「AZTEC」、そしてその後継である「AZTEC II」の象徴的なブルー、レッド、イエローの3色を採用し、リーボックのブランドのヘリテージを凝縮したモデルとなっている。

商品概要

H69119_SLC_eCom

品番/カラー:[H69119]エッセンシャルブルー/アシッドイエロー/バティックブルー
サイズ:22.5cm~31.0cm ※30.5cm の展開はない
自店販売価格:¥10,439(税込)

販売店舗:
・リーボック オンラインショップ
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ、名古屋みなとアクルス)
・ZOZOTOWN (https://zozo.jp/shop/reebok/)
・Rakuten Fashion (https://brandavenue.rakuten.co.jp/ba/shop-reebok/)
・ABC-MART GRAND STAGE 各店 (https://gs.abc-mart.net/)
・Billy’s ENT 各店 (https://www.billys-tokyo.net/)
・atmos オンラインショップ(https://www.atmos-tokyo.com/)
・KICKS LAB. オンラインショップ(https://www.kickslab.com/)
・calif オンラインショップ(https://calif.cc/pages/styles)
・mita sneakers オンラインショップ(https://www.mita-sneakers.co.jp/)
・三越伊勢丹オンラインストア (https://www.mistore.jp

関連情報
https://reebok.jp

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます