• TOP
  • モテ講座
  • 浮気相手と出会った場所TOP3は「職場(社内)」「友人・知人の紹介」「飲み会」

浮気相手と出会った場所TOP3は「職場(社内)」「友人・知人の紹介」「飲み会」(2021.09.13)

RCL浮気のきっかけと境界線調査

RCL探偵事務所を運営するRCLは、20代~60代の浮気をしたことがある独身男女と、浮気をされたことがある独身男女を対象に、「浮気のきっかけと境界線」に関する調査を実施。

浮気相手との連絡手段や、相手の浮気を疑ったきっかけなど、興味深い回答結果となっている。

浮気相手と出会ったのは職場や知人の紹介など身近な場所

RCL浮気のきっかけと境界線調査

「浮気相手と出会った場所を教えてください」と質問したところ、『職場(社内)(29.5%)』と回答した人が最も多く、次いで『友人・知人の紹介(12.5%)』『飲み会の場(11.7%)』『SNS(10.7%)』『マッチングアプリ(10.2%)』『飲み屋(キャバクラなど)(7.2%)』『職場(取引先)(5.7%)』『ナンパ(4.9%)』と続いた。

実に3人に1人が職場内で出会ったようだ。職場や友人・知人の紹介など、浮気相手と出会った場所は身近な場所であることが窺える。

浮気相手との連絡手段はメール(SMS)が多い

RCL浮気のきっかけと境界線調査

続いて、「浮気相手との連絡手段は何を使っていましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『メール・SMS(49.4%)』と回答した人が最も多く、次いで『電話(43.0%)』『SNS(36.9%)』『チャット・メッセンジャーアプリ(17.2%)』と続い。連絡手段で多いのはメールか電話のようだ。

どんな相手とどんな浮気をしてしまった?
・合コンで知り合った飲み友達とご飯に行って酔った勢いでホテル(20代/女性/会社員/大阪府)
・同棲している彼氏がいたけど、職場の取引先の人とも付き合っていた(30代/女性/会社員/東京都)
・既婚者の相手と趣味のサークルで知り合った。お酒を飲みに行ったのをきっかけに男女の仲になった(40代/女性/会社員/京都府)
・職場のバイトと付き合っていたが、後から入った社員と肉体関係を持った(40代/男性/会社員/神奈川県)

普段顔を合わせる機会が多い相手や、お酒の席などの酔った勢いで一線を越えてしまうケースが多いよう。

浮気を疑うようになったきっかけ

RCL浮気のきっかけと境界線調査

「どのようなことがきっかけで彼氏・彼女の浮気を疑うようになりましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『自分に冷たくなった(41.7%)』と回答した人が最も多く、次いで『スマホを隠すようになった(23.5%)』『帰宅時間が遅くなった(17.8%)』『スマホを見た(17.8%)』『異性と一緒にいるところを見てしまった(16.2%)』『飲み会が増えた(10.7%)』『一人で買い物などに行くことが増えた(10.1%)』と続いた。さらに具体的な話を聞いたところ下記のような回答が得られた。

浮気を疑うきっかけとなったエピソードとは?
・携帯のパスワードを変えて、LINEの通知を消すようになった。連絡が来ないことも多くなった(20代/男性/学生/京都府)
・スマホを見たら他の女性と頻繁に会っていることが分かった(20代/女性/会社員/大阪府)
・冷たくなったので疑っていたら案の定、浮気をしていた。そういう人だと思っていたので驚かなかった(30代/女性/フリーランス/東京都)
・会社から帰宅後、毎日出掛けて深夜まで帰って来なかったことから疑うようになった(50代/女性/会社員/静岡県)

浮気をしている本人は相手にバレないと思っていても、気持ちや行動の変化は例え小さくても敏感に察知されるものといえそうだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます